スポンサーリンク

皮剥(かわはぎ)

スポンサーリンク

"Kawahagi" by E-190 - E-190's file. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

皮剥(かわはぎ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

皮剥の呼び名由来についてご存知ですか?

皮剥はざらざらした分厚い皮をもつため、料理をする際に皮を剥いで料理することに由来します。分厚い皮でも皮を簡単に剥がせることができます。皮剥の皮は戦中戦後のころ、サンドペーパーの代用になっていたようです。またまた和漢三才図会には、「形状は大変醜く、頭は方頭魚に似、体はほぼ鮫に似ている」とあり、「鮫の属であろうか」と推察しています。「伝えによれば皮は銭瘡をこすればよく治るという」とも記されています。

皮剥の旬の時期

皮剥は春夏秋冬問わずまずい時期はありませんが、3月から4月が旬の時期といわれています。また身が太る秋から冬にかけても旬の季節といわれています。淡白な味は、幼児食や病人食としてもよく利用されます。どのような食べ方をしても美味しい魚といわれています。

皮剥の栄養成分

皮剥は糖尿病予防に適している魚です。ビタミンDとカルシウムを一緒に摂取すれば、さらに糖尿病予防に効果が発揮されます。その他にタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンB1、B2、D、E、K、亜鉛、カリウムなどといった栄養成分を豊富に含まれています。

皮剥の効能

ビタミンDとカルシウムの栄養成分が含まれているため、2つ同時に摂取することで糖尿病予防の効果を発揮します。その他にインフルエンザ予防、生活習慣病予防、ガン予防、高血圧、心疾患、脳卒中、認知症やうつ病の予防などの作用もあります。

皮剥の形や色の特徴

皮剥は体長約20センチから30センチで、なかには40センチにおよぶ大物もいます。体は菱形で上下に平たくオスは背びれに細長く糸状のものがあるのでメスと区別しやすい特徴があります。体色は褐色で淡いまだら模様や黒っぽい縦じまが入ります。

皮剥の代表的なレシピ

皮剥の身は脂肪が少なく、くせもなく歯ごたえのある白身です。味噌汁や煮付け、フライ、ムニエル、干物や鍋、吸い物の具材など様々な料理に適しています。秋は冬に備えて餌を多く摂るため、キモが身以上に美味しくなります。味噌汁にキモをいれて食べる際には、一度湯がいたものをあとからネギのブツ切りと一緒にいれると美味しく召し上がることができます。

皮剥のレシピを検索!又は かわはぎのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺