スポンサーリンク

甘鯛(あまだい)

スポンサーリンク

甘鯛(あまだい)

"Akaamadai0905" by ふうけ - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

甘鯛(あまだい)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

甘鯛の呼び名由来についてご存知ですか?

名前の由来は甘みが身上といわれている魚ゆえ、「甘みのある魚」ともいわれており、その名は漢字のとおり「甘鯛」からきているといわれています。 甘鯛といい鯛という言葉がつきますが本当は、アマダイ科に生息する魚なため「鯛よりも甘い魚」という事で甘鯛という名がつきました。 そして、ほっかぶりした尼の様に見える事から元々は「尼鯛」といわれていたがそれが変換されて「甘鯛」になったといわれています。

甘鯛の旬の時期

甘鯛の旬の時期は12月の冬から真冬の2月までが旬とされており1番美味しく頂ける魚として出ています。
この時期になると1番身が引き締まっていてとても新鮮で美味しいためお祝い事などで食される事があります。

甘鯛の栄養成分

甘鯛は比較的水分が多く含まれており脂肪が少ない魚ゆえとてもヘルシーです。
100グラムのカロリーが大体。113キロカロリーになるため、全体的のカロリーは多いですがその分、水分がとても多くビタミンなども含まれているためとても体にはいいとされています。

甘鯛の効能

甘鯛には、カルシウムとナトリウムが含まれているため、骨や歯を丈夫にする働きがあります。そして、マグネシウム等のミネラルを豊富に含む事や、EPAやDHAといった血液をサラサラにしたり、アレルギー症状を緩和する作用をもっておりまたがん予防にもなったり、記憶力の学習能力を向上させる働きもあります。
そのため、成長期の子供や学生などにはとても重宝される魚です。

甘鯛の形や色の特徴

甘鯛は体色により、赤や白や黄アマダイの三種類に分類される事もあります。
光や見方によっては、青くなったりしますが、全体的に上半分はピンク色をしており、下から半分は灰色のような色をしていて、全長は約20-60cmほどあり体は前後に細長く側扁して頭部は額と顎が角張った方形をしており、目は額の近くにあって口がとても小さい。

甘鯛の代表的なレシピ

1番美味しい食べ方は刺身にして食べると新鮮さや甘鯛の引き締まった感じがわかり美味しくいただけます。
他にも、骨でダシ等をとりお吸い物にしたり甘鯛の塩焼きにすると刺身と違った味が楽しめます。元々身がとても柔らかいため、事前に塩を振ってから焼くと美味しいですし、甘鯛は、骨と皮の間がとても美味しいとされているためそれで鍋の松皮造りにすると美味しいです。
他にも和食だけではなく、甘鯛のムニエルやポアレやグリエにするのも美味しく食べれて効果ではありますが、干物にするとまた絶品です。

甘鯛のレシピを検索!又は あまだいのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺