スポンサーリンク

虎河豚(とらふぐ)

スポンサーリンク

虎河豚(とらふぐ)

"Fugu in Tank". Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

虎河豚(とらふぐ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

虎河豚の呼び名由来についてご存知ですか?

フグの由来ですが、本場である下関や北九州ではふくと呼ばれているそうです。不遇を連想するフグではなくて、福の意味のほうのふくと呼ぶそうです。 またフクの由来は、フグが怒りますとお腹を膨らますというところからきていまして、また膨れますとフクベ(ひょうたん)に似ているところからきているという説や、フグの胃の一部は特別な袋になっており、この袋の中に水を飲み込んで、水を吹き出し砂の中の餌をあさる習慣があるなど、いくつかの説があるようです。

虎河豚の旬の時期

トラフグがおいしい時期は秋の彼岸から春の彼岸までというふうに言われており、特に冬の寒い時期が旬です。

虎河豚の栄養成分

高たんぱくで低脂肪なので、健康を維持するためには有効な食材で、たんぱく質は歯や骨を丈夫にしてくれます。ミネラルなどは豊富とはあまりいえませんが、バランスがよく含まれています。

虎河豚の効能

トラフグのくちばしや皮はほとんどゼラチン質でできており良好なコラーゲンの塊になっています。
コラーゲンの働きは肌に潤いを与えてくれたり、骨の中のコラーゲンにはリンやカルシウムなどのつなぎのような働きをして、骨を強くかつしなやかに保ってくれます。

虎河豚の形や色の特徴

体の色は背面は暗緑黒色で腹面は白色になります。側面には斑点がたくさんあり、胸びれ後方の上の部分に、白く縁取られている大黒紋があります。

虎河豚の代表的なレシピ

フグといえばやはりフグチリとふぐ刺しでしょう。西のほうではフグチリのことをテッチリ、ふぐ刺しのことをテッサといいます。西のほうで言うテツというものは鉄砲の事を指し、鉄砲はよくあたり、フグもよくあたるとしゃれたものです。

ふぐ刺しはお皿の外側から内側へと順番に並べて盛り付けていきます。そして食べるときは内側から食べていくのが順序です。フグチリの最後は雑炊がよいでしょう。この雑炊をおいしく食べるには、ちり鍋のころからこまめにアクを取りましょう。

虎河豚のレシピを検索!又は とらふぐのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺