スポンサーリンク

薄葉剥(うすばはぎ)

スポンサーリンク

薄葉剥(うすばはぎ)

"Aluterus monoceros" by Richard Ling from NSW, Australia - Unicorn Leatherjacket. Licensed under CC 表示-継承 2.0 via ウィキメディア・コモンズ.

薄葉剥(うすばはぎ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

薄葉剥の呼び名由来についてご存知ですか?

薄葉剥の別名はウチワハギと言われています。 地方によっては呼び方も変わってきて「ラケット」という呼び方をしている所もあり 元々は田中茂穂が名づけた事で有名となり、身体が左右に薄い事が由来になります。

薄葉剥旬の時期

旬の時期は秋から冬にかけてが1番美味しく10月から1月までが旬の時期になります。
この時期になると特に肝が大きくなるため美味しくいただけて
1年を通し薄葉剥は身が美味しくいただけるためです。

薄葉剥の栄養成分

薄葉剥にはビタミンD3という栄養成分が入っておりタンパク質がとても豊富で
脂肪が非常に少ないゆえ、カロリーがとても低く100グラム大体80カロリーしかないため、ヘルシーなゆえ健康にはとてもいい魚です。

薄葉剥の効能

薄葉剥の主な効能は脂肪分がほぼないのと、コレステロールを低下させたり
カロリーも低いため、ダイエット職にも剥いているという事です。

薄葉剥の形や色の特徴

前兆、大体75cmもあり少し光などに当たると鱗で輝き体の半分は灰色で上半分が肌色が薄い色をしていて体の特徴は他の魚と変わらないが、口がとても小さく吻が突出して口の下にも船首の様な低い突出があり、目は鰭の第1棘にあり目と口がかなり離れており真ん丸な目をしている。
そのため、水深200m以浅に生息する。

薄葉剥の代表的なレシピ

一般的にはあまり食べられない薄葉剥は主に刺身として食べられるのが1番美味しい食べ方です。
他にはから揚げにしたりして食べたり、天ぷらやフライみたいにして食べたりするのも美味しく頂ける食べ方です。
あとは、人手間加えてただのから揚げにするのではなくハーブで味付け又は香り付けしてから揚げたりして他にも、裁いてから軽く塩を振りそのまま味噌をつけてみそ焼きとして約と、揚げ物や刺身と違った味わい等が楽しめてこちらも美味しく頂けます。

薄葉剥のレシピを検索!又は うすばはぎのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺