スポンサーリンク

薄眼張(うすめばる)

スポンサーリンク

 

薄眼張(うすめばる)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

薄眼張の呼び名由来についてご存知ですか?

薄眼張はカサゴの仲間であり、日本中で獲れる代表的な近海魚です。 大きな目が張り出して見えることから「眼張」と呼ばれるようになりました。青森や東北地方ではウスメバルをメバルといい、地方によって呼び方は違うとされています。 一般に筍メバルといわれているものは、うすめばるのことを差し、標準和名の筍メバルとは別種とされています。 薄眼張は青森、秋田、新潟が大きな産地とされています。

薄眼張の旬の時期

薄眼張は筍の出る季節に美味しくなるといわれており、3月後半から5月が旬といわれています。

薄眼張の栄養成分

薄眼張は白身魚で、良質なたんぱく質を含んでいます。薄眼張に含まれる脂質にはDHAやEPA等の高度不飽和脂質酸が多く含まれています。

薄眼張の効能

薄眼張に含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、逆に善玉コレステロールを増やす働きがあり、動脈硬化の予防、改善や脳卒中や高血圧などの生活習慣病から身体を守る働きがあります。

その他にもがんや胃潰瘍、白内障などの予防にも有用とされていて、ストレスに起因する免疫低下を抑える働きがあると考えられています。

薄眼張の形や色の特徴

大きな目が張り出して見えます。

薄眼張の代表的なレシピ

脂はのっているが淡白な味わいで、身が柔らかく煮崩れしやすくなっているため、調理には注意が必要です。

刺身で食べると新鮮に美味しく頂け、刺身用に身をおろした後の骨とアラ捨てずに澄まし汁又は味噌汁に用いるといいでしょう。

その他煮付けや焼きもの、揚げものにも用いることがあります。

薄眼張のレシピを検索!又は うすめばるのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺