スポンサーリンク

若鰤(わかし)

スポンサーリンク

若鰤(わかし)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

若鰤の呼び名由来についてご存知ですか?

若鰤は出世魚である鰤の稚魚から成魚までの魚の成長に応じて異なる名前で呼ばれており、江戸時代まで武士や学者などは元服の際や出世に伴って名前を変える習慣があり、「成長に伴って出世するように名前が変わる魚」としてこれになぞられたものといわれています。そのため若鰤は漢字の通り若い鰤のことを表すため、体長15センチくらいまでの鰤を若鰤と呼ばれるようになりました。地方によって呼び名が異なってきますが、若鰤は主に関東地方で使われている呼び名です。

若鰤の呼び名由来についてご存知ですか?

若鰤は出世魚である鰤の稚魚から成魚までの魚の成長に応じて異なる名前で呼ばれており、江戸時代まで武士や学者などは元服の際や出世に伴って名前を変える習慣があり、「成長に伴って出世するように名前が変わる魚」としてこれになぞられたものといわれています。そのため若鰤は漢字の通り若い鰤のことを表すため、体長15センチくらいまでの鰤を若鰤と呼ばれるようになりました。地方によって呼び名が異なってきますが、若鰤は主に関東地方で使われている呼び名です。

若鰤の旬の時期

若鰤の旬の時期は1月から2月です。夏頃から姿を現す若鰤ですが、秋も深まるにつれて小型ながら肥えて、脂のりがよくなります。そのため鰤より扱いやすく、さっぱりとした身質なので様々な料理を楽しめます。旬の時期になると栄養も豊富になります。

若鰤の栄養成分

若鰤は骨粗しょう症の予防や成長促進や精神状態を安定させる効果があるといわれています。ビタミンB1が多く含まれていますが、ビタミンB1は過敏摂取による副作用が一切ないため、たくさんとっても大丈夫なビタミンです。その他にカリウム、カルシウム、タンパク質、ビタミンB2、リン、葉酸、ナトリウムも多く含まれています。

若鰤の効能

ビタミンB1により骨粗しょう症の予防の効果があります。またカルシウムと一緒に摂取すると骨を丈夫にすることもできます。ビタミンB1にはその他に疲労回復、冷え性改善、ストレスの緩和、アルツハイマー病の予防などの作用にもつながります。

若鰤の形や色の特徴

若鰤の体はやや細長く紡錘形で太いです。背方は青緑色で腹方は銀白色です。眼を通る黄色から期緑色縦帯があります。

若鰤の代表的なレシピ

若鰤の代表的なレシピを見ていくと、塩焼きや唐揚げ、ソテーやムニエルなど様々なレシピがありますが、その中でもムニエルが有名です。若鰤の切り身の中央にチーズを挟み、塩コショウを振り、小麦粉をまぶします。熱したオリーブオイルにみじん切りのにんにくをいれ、香りがたってきたら若鰤の切り身をいれます。両面がこんがり焼けたら出来上がりです。

若鰤のレシピを検索!又は わかしのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺