スポンサーリンク

藁素坊(わらすぼ)

スポンサーリンク

藁素坊(わらすぼ)

藁素坊(わらすぼ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

藁素坊の呼び名由来についてご存知ですか?

名前の由来は稲わらを束ねて作る筒の様な形に似ているため「ワラスボ」という名前がつけられた。そのため、別名「チワラスボ」とも呼ばれています。

藁素坊の旬の時期

旬の時期は5月から10月にかけてが1番美味しいとされており。日本では九州等でとれたりされます。

藁素坊の栄養成分

ビタミンCが含まれておりカロリーも低くいとされています。
そのため、美容にもとてもいいとされています。

藁素坊の効能

高い血圧を低下させる効能があります。

藁素坊の形や色の特徴

藁素坊の前兆は約40cmにまで達して色は全体的に灰色だが、頭と顔だけは黒色をしており
ウナギの様な体形。そのため、細長く体の臓器全てが1本の線の様に繋がっていて、見方や見る角度によっては灰色や青色みたいな色に変わったりする事もあります。
そして、体の前半部に円形・後半に楕円形の鱗が散在します。

日本だけではなく、朝鮮半島・台湾・中国にも生息していて日本では九州のほうにしかいない魚でとても珍しく、海外映画の「エイリアン」に登場してくる生物に頭が似ている事から有名になりました。

そして、藁素坊は干潟の泥中に巣穴を掘って生息して潮が満ちると海中で泳いで肉食系なため、小魚や貝類や時には小動物といったものを幅広く食す事があります。

そして、藁素坊の産卵期は夏場で巣穴の壁には長径2.3-2.6mmのも穴をほっては産卵し三日ほどで子供が出て来ます。

藁素坊の代表的なレシピ

藁素坊はあまり一般家庭に食されないため、大体は干物として食べられる事が多くその見た目からは創造できない美味しさが味わえ、干物だけではなく焼いたりして食べると美味しくいただけます。
味はめざしの干物に似ているようですが、それよりも更に香ばしく食べられますが、焼けば見た時より縮んでしまいます。
そして、佐賀県では藁素坊は珍味として食されていてとても珍しい魚として有名です。

藁素坊のレシピを検索!又は わらすぼのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺