スポンサーリンク

白口(しろぐち)

スポンサーリンク

白口(しろぐち)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

白口の呼び名由来についてご存知ですか?

スズキ目ニベ科の海水魚です。釣り上げられた時や産卵期に浮き袋を振動させ「グーグー」と鳴く様が愚痴をいっているように聞こえることから別名グチと呼ばれています。体色の白みが強いためシログチと呼ばれるようになりました。 白口はイシモチと呼ばれることもあります。頭部にある耳石が硬いので「石持」と呼ばれるようになりました。図鑑では白口と表記されていることがほとんどです。

白口の旬の時期

白口の旬の時期は春から夏にかけてです。

白口の栄養成分

ビタミンB12、ビタミンDなどが含まれています。

白口の効能

ビタミンB12は水溶性のビタミンB群の一種でミネラルの一種のコバルトを含むためコバラミンとも呼ばれます。悪性貧血の予防や神経の働きに不可欠な栄養素です。DNAやたんぱく質の合成の調節や補酵素として様々な代謝に関わっています。動物性食品に含まれていて体内では肝臓に蓄蔵されています。貧血を予防する効果、神経機能を正常に保つ効果、睡眠を促す効果があるので貧血や睡眠に悩んでいる人におすすめです。

ビタミンDは脂溶性のビタミンでカルシウムの吸収を高め骨への沈着を助ける効果があります。血液中のカルシウム濃度を一定に保つ役割も担い丈夫な体づくりには欠かせない栄養素です。紫外線を浴びることによって体内で合成できる唯一のビタミンなので別名太陽のビタミンとも呼ばれています。歯や骨を丈夫にする効果、糖尿病を予防する効果、免疫力を高める効果があります。

白口の形や色の特徴

体色は光沢っぽい銀白色です。

白口の代表的なレシピ

練り製品の原料とされることがあります。

塩焼きなどが一般的な調理法です。煮つけや鍋は身が軟らかい魚で小骨が多いことから不向きとされています。

市場に出回るのは鮮度がおちているので刺身は不向きですが鮮度があれば刺身は美味いです。

白口のレシピを検索!又は しろぐちのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺