スポンサーリンク

柳眼張(やなぎめばる)

スポンサーリンク

 

柳眼張(やなぎめばる)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

柳眼張の呼び名由来についてご存知ですか?

柳眼張の呼び名の由来は、眼が異様に大きく、眼が張ったように見えるので「眼張る」と呼ばれたのが名前の由来だといわれています。日本各地の沿岸に生息し、古く可ら庶民の食卓にのぼってきた大衆魚で磯釣りの対象として人気の魚です。特に春の船釣りがメバルから始まることから「春告げ魚」と呼ばれています。

柳眼張の旬の時期

柳眼張は春から夏にかけて身が締まり、冬には脂が乗って旨味が増します。そのため旬の時期は4月から8月です。旬の時期の間に柳眼張を美味しく召し上がってください。

柳眼張の栄養成分

柳眼張は疲労回復に適している魚です。ビタミンAを豊富に含んでいます。
その他にたんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンD、E、血栓の形成を抑え、血液の流動性を高め、動脈硬化、高血圧を予防し、アレルギー症状を緩和・改善。ガン予防につながるIPA、脳細胞を発達・活性化し記憶力、学習力を向上するDHA、活性酸素を消去し、動脈硬化を予防してくれるアスタキサンチンも多く含まれています。

柳眼張の効能

柳眼張の栄養成分にカルシウムが含まれており、骨を丈夫にする効果があります。
骨を丈夫にするためにはカルシウムは大切な栄養素となりますが、実はビタミンDも深く関わっています。
ビタミンDは魚介に多く含まれています。カルシウムの吸収を助けるためにビタミンDも積極的に摂取しなければいけないのですが、柳眼張はカルシウムもビタミンDも多く含んでいるので、骨を丈夫にする効果を発揮することができます。

柳眼張の形や色の特徴

柳眼張の色は黄色がかかった赤の体色で、体はやや長いのが特徴です。吻の上に鼻棘はありますが、目の下、口元、頭部に棘はありません。背びれの棘は13本といったゴツゴツとした棘を持っています。

柳眼張の代表的なレシピ

柳眼張のレシピを調べていくと、煮付けや塩焼きなど豊富にありますが、より一層柳眼張を美味しく召し上がるには身離れがいいので煮付けがオススメです。

柳眼張のうろこと内蔵をとり、鍋に出汁と日本酒、砂糖、みりんを入れてひと煮たちをさせ、柳眼張を入れて落しぶたをして10分ほど煮つけます。ポイントとして頭つきのまま丸ごと煮ることで出汁がでて美味しく召し上がることができます。

柳眼張のレシピを検索!又は やなぎめばるのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺