スポンサーリンク

槍烏賊(やりいか)

スポンサーリンク

 

槍烏賊(やりいか)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

槍烏賊の呼び名由来についてご存知ですか?

槍烏賊は、ツツイカ目ヤリイカ科ヤリイカ属に分類されます。 全体的な姿形が槍の穂に似ていることから両氏の間で「やりいか」と呼ばれたのが始まりとなっています。 流通名・地方名には「ササイカ(笹烏賊)」「サヤナガ」「テナシ」「テッポウ」「シャクハチイカ(尺八烏賊)」などがあります。 英語でも、spear squid(スピアー・スクイッド「槍いか」の意)といい、学名記載社名の名をとってBleeker's squidとも呼ばれます。

槍烏賊の旬の時期

ヤリイカの産卵期は春なので最もおいしくなるのは冬です。沿岸に寄ってくる春に漁獲の最盛期を迎えるので、地方によっては春が旬をされています。夏から秋にはまだ小さい小ヤリイカが漁獲され、美味でそこそこ高値で出回ります。

槍烏賊の栄養成分と効能

良質のタンパク質を多く含みます。タウリンが豊富で、コレステロール低下作用、視力向上。肝機能も高めてくれます。
貧血に効果のある銅、発育促進に欠かせない亜鉛などもあります。

槍烏賊の形や色の特徴

眼が薄い膜で覆われていることを特徴とする開眼類に属します。
外套長は40センチ程度(オスが約30-40センチ、メスは20-30センチ)で、その胴体は細長く円錐形です。
通常は透明性の高い体色をしていますが、興奮時には茶褐色の色素を強くします。
生態は、北海道から九州までの日本列島沿海、および、朝鮮半島・九州・中国上海周辺の3地域に囲まれた海域、すなわち、黄海全域と東シナ海東部地域分布します。

槍烏賊の代表的なレシピ

日本では刺身や寿司だねとして生食に多くつかわれたり、一夜干し、直火焼き、煮つけ、潮からでも食べられています。
内臓と眼球を取り除き、天日などで乾燥させてスルメにも加工されます。
ヤリイカのスルメは特に「竹葉」「笹スルメ」などの雅名を持ち、けんさきいかと共に最高等級のいかとされています。

槍烏賊のレシピを検索!又は やりいかのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺