スポンサーリンク

アマゴ(あまご)

スポンサーリンク

 

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

アマゴ(あまご)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

アマゴの呼び名由来についてご存知ですか?

アマゴの「アマ」は雨を表しているという説があり、雨が降り出すと釣れ始める魚とされています。 地方によってはアマゴのことを「アメ」「アメゴ」「アメノウオ」などと呼びます。

アマゴの旬の時期

アマゴは初夏から夏にかけてが旬とされていますが、養殖のものだと通年食べられます。

アマゴの栄養成分

アマゴに含まれる栄養成分は、いわなややまめとほとんど変わりません。

多少ビタミンB1、B2が多いということくらいです。

その他、カリウムが多く含まれ、リンやマグネシウム、カルシウムなどの骨や歯にとって重要な成分も含まれています。

アマゴの効能

いわなややまめよりも少し多いビタミンB1は、脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを正常に保つという役目を果たし、ビタミンB2は、「発育のビタミン」ともいわれ、成長を促進し、皮膚や髪、爪の細胞の再生をしています。又、グルタチオンやベルオキシターゼとともに過酸化脂質を分解しています。

カリウムは、酵素反応を調節し、エネルギーの代謝をあげる効果やナトリウムの再吸収を防ぐことによって尿への排泄を促し、高血圧の予防に効果があるとされています。

リン、マグネシウム、カルシウムの三つの成分は、骨や歯の主成分となっています。

アマゴの形や色の特徴

アマゴは体長約20cmで、体側に10条程度の黒色横斑と沢山の朱点があります。

その中の惰円形のものをパールマークといいます。

赤い点があるのはアマゴだけとされていて、大きな特徴となっています。

アマゴの代表的なレシピ

アマゴは塩焼きにするのが一般的ですが、甘露煮や刺身、姿寿司、脊ごし、からあげ、ホイル焼き、南蛮漬け、骨酒、天ぷら、フライといった料理にも使えます。

アマゴは白身魚で天ぷらやフライにすると食べやすくおいしいです。

アマゴのレシピを検索!又は あまごのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / アマゴ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺