スポンサーリンク

紅鮭(べにざけ)

スポンサーリンク

紅鮭(べにざけ)

"Oncorhynchus nerka 2" by Dave Menke - This image originates from the National Digital Library of the United States Fish and Wildlife Serviceat this pageこのタグは、付与された作品の著作権状態を示すものではありません。通常の著作権タグがこのタグとは別に必要です。詳しくはCommons:ライセンシングをご覧ください。See Category:Images from the United States Fish and Wildlife Service.. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

紅鮭(べにざけ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

紅鮭の呼び名由来についてご存知ですか?

身の色合いが紅色であることからベニザケと呼ばれています。 以前は、「紅鱒」(べにます)と呼ばれていました。 北海道では「あかざけ」、「ちっぷ」、「かばちぇっぽ」、アイヌ語では「カバッチップ」と呼ばれています。

紅鮭の旬の時期

紅鮭の旬の時期は秋で、9月から11月までの間です。

国産の紅鮭は少なく、晩春から夏にかけて根室や三陸で取れるのみとなっています。
値段はやや高いです。

アラスカなどから冷凍・もしくは塩鮭に加工されて輸入されます。

紅鮭の主な生息域は北緯40度、エトロフ島、カリフォルニア以北で、太平洋北部、ベーリング海、オホーツク海を回遊します。

日本の河川には遡上しません。

紅鮭の栄養成分

紅鮭の赤色の色素はカロテノイド色素から構成されているもので、カロテノイドの含有量が多いほど、体が赤みを帯びることになります。

紅鮭の栄養成分で豊富に含まれているのはビタミンEです。

ほかにはたんぱく質、ビタミンB1・B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビタミン12、ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、カリウム、ナトリウムなどが含まれています。

紅鮭の効能

紅鮭に含まれるビタミンDには骨格強化や血中カルシウム濃度を一定に保つ作用があります。

ビタミンB群、Eなどには血行を促進し、炎症を鎮め、アレルギー肌・乾燥肌を保護し、肌の栄養補給・美肌作りに効果があります。

紅鮭の形や色の特徴

紅鮭の形は細長く、体の表面は銀色です。
捌くと中から真っ赤な身が出てきます。

紅鮭の代表的なレシピ

紅鮭の代表的なレシピは刺身です。
刺身以外では紅鮭とほうれん草を乗せたそうめん、アラスカ産ベニザケのソテー、ベニザケの大根はさみ漬け、紅鮭の味噌仕立て、ベニザケの唐揚げなどがあります。

紅鮭のレシピを検索!又は べにざけのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / 紅鮭 / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺