スポンサーリンク

ビワマス(びわます)

スポンサーリンク

ビワマス(びわます)

BiwaTrout(LakeBiwa-JP)」。Wikipedia で発表。

ビワマス(びわます)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ビワマスの呼び名由来についてご存知ですか?

ビワマスは、サケ目サケ科に属する淡水魚で、日本の琵琶湖のみに生息する固有種です。 ビワマスは「アメノウオ」とも呼ばれますが「アメノウオ」は方言で、近江では「エザケ」と呼ばれています。 名前の由来は、甘い(美味い)魚だからとする説、雨が降り出すととたんに連れ出すことからアメゴ、アメノウオなどとも呼ばれ、アマゴの語源になったとする説などがあるといわれています。 また、産卵期には大雨の日に群れを成して河上に遡上することから、アメノウオ(雨の魚)とも呼ばれています。

ビワマスの旬の時期

ビワマスの旬の時期は初夏から夏で、5月から8月の間です。

ビワマスの栄養成分

・ドコサヘキサエン酸(DHA)
・エイコサペンタエン酸(EPA)
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンD
・リン
・カリウム
など。

ビワマスの効能

ドコサヘキサエン酸(DHA)には脳細胞を活性化させる効果があり、老人性認知症の改善に有効とされています。

また、アレルギー症状を緩和させたり、コレステロールを減少させるはたらきがあるといわれています。

エイコサペンタエン酸(EPA)は高いコレステロール低下作用や、血栓抑制作用などが知られており、その効果はDHAより優れていると考えられています。

また、アレルギー性症状である喘息やアトピー性皮膚炎を緩和させたり、血流改善から高血圧や動脈硬化の予防に有用とされています。

ビタミンB1は糖質代謝や疲労回復の働きがあるといわれており、ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めると考えられています。

ビワマスの形や色の特徴

体は鱗が小さく薄くて、色は灰色です。

ビワマスの代表的なレシピ

ビワマスの代表的なレシピは、ビワマスのムニエルです。
ほかにはビワマスを使った寿司や素焼きなどがあります。

ビワマスのレシピを検索!又は びわますのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ビワマス / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺