スポンサーリンク

ブラックバス(ぶらっくばす)

スポンサーリンク

ブラックバス(ぶらっくばす)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ブラックバス(ぶらっくばす)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ブラックバスの呼び名由来についてご存知ですか?

名前の由来は、スモールマウスバスという幼魚期の体色が黒い事からこの名がつけられ 「ブラックバス」と呼ばれるようになりました。

ブラックバスの旬の時期

旬の時期は主に、1月から2月にかけての冬の時期とされており水質の高い山などではこの時期になれば、刺身にして食べる事があります。
そして、ブラックバスが釣れて食べ頃になるのは地方や地域などによって変わってきて
北海道や九州によっては、旬の時期が違ってきます。

ブラックバスの栄養成分

ブラックバスの栄養成分はメタボや生活習慣に効果があるとされており、医学的にも注目されている魚のひとつです。
他の魚に比べると、高タンパクでアミノ酸が豊富でまた、低脂肪でタウリンという成分が豊富に含まれているため、メタボの人にはとてもいい働きがあります。
そのため、病院などの秒食としても提供されるほどの栄養価があります。

ブラックバスの効能

主な効能は、メタボや生活習慣の人に効果があるとされており低脂肪で他の魚より
良質で高タンパク質なため体にはいい成分しか吸収されずまた、低脂肪でカロリーもそこまでなく、白身なためとても食べやすくまた、アミノ酸も豊富で疲労回復や免疫力の向上そして、運動能力を向上させたりダイエット効果などもあるとされており、ダイエット食としても効果があります。

ブラックバスの色と形の特徴

ブラックバスは見方や方向等によって光の入り具合が変化します。色は黒とゴールドの様な体色をしており、日本では最も個体の多い魚とされており、バスフィッシングなどではメジャーになっています。
そしてブラックバスの中でも種類や大きさなどは異なりますが、基本的には温水の淡水魚におり、適正水温は17℃〜25℃程度の中で生息しておりこの水温煮になると最も活動する時期とされています。
ブラックバスは主に、肉食形の魚とされているため、小魚やカエルやせみ、ミミズなどを食べていたり、自分より小さなバスなども食べる事があります。

ブラックバスの代表的なレシピ

ブラックバスは一般的には、煮魚や塩焼きにして食べられる事が多いですが
北海道や九州などの地方では水がきれいで厚みがあまりないのだと新鮮のうちに刺身として食べる事もあります。
他にもムニエルにしたり、味噌汁の具のひとつとして食べるのもお勧めです。

ブラックバスのレシピを検索!又は ぶらっくばすのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ブラックバス / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺