スポンサーリンク

クロウシノシタ(くろうしのした)

スポンサーリンク

 

クロウシノシタ(くろうしのした)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

クロウシノシタの呼び名由来についてご存知ですか?

古くはこの魚を「ウシノシタ」であったがこれではウシノシタ類の代表ではあるがそれでは、価値が低くなり味もあまり美味しくないし「ウシノシタ」というとややこしいため 「黒」をつけたとされています。

クロウジノシタの旬の時期

地方などによって多少の旬の時期は異なりますが主に春から夏にかけてが旬とされており
4月から8月の間になります。

クロウジノシタの栄養成分

カリウム、タンパク質、リン、カルシウム、ナトリウムが多く含まれています。
そpして、カロリーがとても低い魚です。

クロウジノシタの効能

タンパク質には、細胞や体の成形を助けるだけではなく疲労回復や高血圧予防、血液成分、遺伝子やDNA等には欠かせない栄養素となり、エネルギー源にもなる働きをしてくれます。
カルシウムは、歯や骨を強くするだけではなく筋肉や細胞を丈夫にしたり、神経から来る興奮や苛々などを抑えたりする働きなどがあり
リンには、タンパク質と合成して細胞膜のリン脂質としてDNAやDNAやあらゆる細胞に存在しエネルギー代謝を向上させたりする働きがあります。
ナトリウムには、神経機能や筋肉などの働きを正常に保ったり、栄養の吸収を助ける働きなどがあります。

クロウジノシタの形や色の特徴

体の大きさは40cmぐらいになり、平ったい形で上から見ると細長い楕円形になって
目は左にあり、ひっくり返し裏側を見ると鰭が黒くて口周りにはヒゲの様なものがあります。
そしてクロウジノシタは日本や東シナ海、南シナ海にかけて生息していて水深20mから65mの砂泥底で暮らす底生魚で貝類などを主に食べて生息しています。
クロウジノシタの椎骨は41個から44個あり、背骨や臀鰭の鰭条はそれぞれ105本から119本・84本から97本まである事がわかっています。

クロウジノシタの代表的なレシピ

主に、刺身などでは食べられずムニエルやフライ、煮付けなどにして食べられる事が多いです。身は白身で癖がないため、塩焼きなどにして食べても美味しく 他には、焼いてから味噌汁などの具として入れたり鍋の具の一つとして入れたりすると美味しく頂けます。

クロウシノシタのレシピを検索!又は くろうしのしたのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / クロウシノシタ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺