スポンサーリンク

岩魚(いわな)

スポンサーリンク

岩魚(いわな)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

岩魚(いわな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

岩魚の呼び名由来についてご存知ですか?

岩魚のナは「フナ」や「メジナ」等のナからきていたりしており魚を表す言葉。 岩魚は岩の間に潜んでいたり、小魚とともにいたりする事から「岩魚」という名がつけられ、「岩の間に住む魚」という意味でこう呼ばれるようになった。

岩魚の旬の時期

主な旬の時期は夏ごろとされており、5月から6月の夏頃が最も釣れて美味しく食べられる時期です。

岩魚の栄養成分

岩魚はカロリーが100g少しあるため、それほど高くはなくタンパク質とカリウムが多く含まれていますが、脂肪分はとても低いです。
そして、カルシウムも含まれているため健康にとてもいい魚です。
他にも、ビタミンも少し含まれているため肌や体にもよく、特にタンパク質は体の筋肉や代謝をよくしたりするため、体内に必要なエネルギーが含まれているためとても大切な役割をしてくれます。

岩魚の効能

岩魚の主な効能はカルシウムが多く含まれており細胞内の酵素反応を調節する働きがあったり
エネルギー代謝を円満にしたり、細胞が正常に活動する働きをしてくれます。
他にもリンも含まれているため、カルシウムやマグネシウムと混合し骨を更に丈夫にしてくれる働きがあります。

岩魚の形や色の特徴

体の色は灰色で体全体が小さく、肉食系の魚になります。
岩魚は基本、住んでる所にエサがあまりないため、トンボやトカゲや自分より大きな蒸しを食べる事もあります。日本の岩魚類はほぼ一生を淡水で過ごす事があるため河川の最上流の冷水域などに生息する場合が多いです。
そのため、多くの岩魚類は食用とされており渓流釣りの餌としてもとても人気があります。

岩魚の代表的なレシピ

岩魚の代表的なレシピは主に、塩焼きや唐揚などにして食べるのが1番おいしいとされており岩魚をスモークにしたり、甘く煮付けて食べたりするのもとても美味しく食べられます。
野菜とともにイタリアンにして食してもまた違った味がして美味しく食べられるため、塩焼きやから揚げ以外にも和食にとても使える魚です。

岩魚のレシピを検索!又は いわなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / 岩魚 / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺