スポンサーリンク

ヤマメ(やまめ)

スポンサーリンク

ヤマメ(やまめ)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ヤマメ(やまめ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ヤマメの呼び名由来についてご存知ですか?

ヤマメの漢字は通常、「山女」または「山女魚」ですが、魚へんに「軍」と書いてヤマメとも読みます。 ずんぐりとした丸い魚という意味があり、「山女」は、女性のように美しい姿から「山の女」という意味に由来し、ヤマメは美しい姿態と味の良さから、「渓流の女王」とも呼ばれるほどです。 北海道や東北地方では、ヤマメのことを「ヤマベ」と呼ぶ地域があります。

ヤマメの旬の時期

ヤマメは春から夏にかけての3月から8月が旬とされています。

ヤマメの栄養成分

ヤマメは高血圧予防や、骨や歯を丈夫にするのに効果的な魚です。

リンやカルシウム、マグネシウム、ATP、カリウムが多く含まれています。

ヤマメの効能

リンは、カルシウムやマグネシウムと結合することで骨や歯を守る主成分となり、ATPという高エネルギーを発生する物質の構成成分でもあります。これは、生命の活動に当たって重要な役割をしています。

カリウムには、細胞内の酵素反応を調節する働きや、エネルギー代謝を良くすることで細胞が活動しやすい環境を作っています。また、カリウムには腎臓で再吸収されるのを防ぐ効果もあり、尿への排泄を促すことから、血圧を下げる作用があります。

そのため高血圧の予防に効果的です。

ヤマメの形や色の特徴

薄茶色で横長になっていて、体側にパールマークがあることが特徴です。また、ずんぐりとした丸い魚とされています。

ヤマメの代表的なレシピ

塩焼きにするのが一般的ではありますが、ムニエルやフライにする事もあります。変わった料理とすれば、ヤマメずしや甘露煮、ひれ酒、から揚げ、ヤマメ丼などもあり、人気です。

ヤマメのレシピを検索!又は やまめのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ヤマメ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺