スポンサーリンク

チシマワカサギ(ちしまわかさぎ)

スポンサーリンク

 

チシマワカサギ(ちしまわかさぎ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

チシマワカサギの呼び名由来についてご存知ですか?

チシマワカサギは1997年に発表された新種で、千島列島(北海道)に分布する事から来ています。

チシマワカサギの旬の時期

チシマワカサギの旬の時期は冬から春にかけてで、1月から4月までの間です。

チシマワカサギの栄養成分

チシマワカサギの栄養成分はワカサギ本来の栄養成分と大差がありません。

主にたんぱく質、ビタミンB2、D、E、カルシウム、鉄が含まれています。

ほかにもビタミンEやセレンも多く含まれています。

チシマワカサギの効能

主に骨粗しょう症、骨軟化症の予防・改善、老化防止に効果を発揮します。

チシマワカサギに含まれる栄養成分による効能は多く、内臓に含まれているビタミンDを摂取すると骨へのカルシウム沈着を促進します。

ビタミンEやセレンを摂取すると老化防止、肌の老化を防ぐ効果も期待できます。

アレルギー系の症状にも効果をもたらし、花粉症の症状軽減や予防をすることができます。
腰痛、神経痛、ぜんそく、精神的なイライラの症状、高脂血症にも効きます。

ビタミンB12によって集中力を高めることもできます。

チシマワカサギの形や色の特徴

体の色は薄い銀色でツヤがあり、頭部がかすかに赤いです。

チシマワカサギの代表的なレシピ

チシマワカサギの代表的なレシピはチシマワカサギのフライです。

チシマワカサギのフライとチシマワカサギの天ぷらは簡単で作りやすく、塩と片栗粉と油を使えば作れます。
その前に水を張ってその中にチシマワカサギを入れ、塩を全体に振りかけて汚れを落として水で洗い流す必要があります。

フライ以外にも調理の幅が広く、唐揚げやオイル漬け、南蛮漬け、甘露煮、白焼きなどにチシマワカサギを使って作ることができます。

チシマワカサギのレシピを検索!又は ちしまわかさぎのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺