スポンサーリンク

コショウダイ(こしょうだい)

スポンサーリンク

コショウダイ(こしょうだい)

コショウダイ(こしょうだい)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

コショウダイの呼び名由来についてご存知ですか?

コショウダイは、スズキ目イサキ科に属する魚で、東シナ海から紅海、北部オーストラリアなど広い地域の沿岸域に生息する魚です。 日本では地方によって呼び名があり、「オゴンダイ」「カイグレ」「コロダイ」「コチダイ」「トモモリ」などがあります。 漢字では「胡椒鯛」と書き、胡椒鯛という名前は、体表に散らばる黒い斑点が胡椒の実のようであるという事から来ています。

コショウダイの旬の時期

コショウダイの旬は魚の大きさによって多少違っており、一般的な物は秋から夏まで、小ぶりな物は冬が一番うまい、大型の物は晩春から初夏となっています。

コショウダイの栄養成分

コショウダイを含むイサキの仲間にはドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸、ビタミンE、ビタミンDなどが含まれています。

コショウダイの効能

ドコサヘキサエン酸は、記憶力、判断力を向上する、アルツハイマー型認知症、血流を改善する、視力を回復する、アレルギーを予防する、精神を安定させるのに効果があります。

エイコサペンタエン酸は、生活習慣病の予防・改善、炎症を抑制する、アレルギー症状を緩和する、感染症を予防する、精神を安定させるのに効果があります。

その他ビタミンEは、脂質が酸化してしまうのを防止し、老化を防ぐ作用があると言われていまして、ビタミンDは、カルシウムの取り込みをサポートする働きがあるとされています。

コショウダイの形や色の特徴

頭:有鱗域は広く、涙骨上にも広がります。
体:3本の灰色の斜走帯があります。
背:小さな暗色斑が散在します。
色:体が茶色く、尾鰭が透明であります。

コショウダイの代表的なレシピ

コショウダイの代表的なレシピは、刺身が一般的ですが、フレンチのポワレやムニエルにしてみてもとても美味しいです。

また、塩焼き、煮付け、フライなどにも出来ます。

コショウダイのレシピを検索!又は こしょうだいのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / コショウダイ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺