スポンサーリンク

ドンコ(どんこ)

スポンサーリンク

ドンコ(どんこ)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ドンコ(どんこ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ドンコの呼び名由来についてご存知ですか?

どんこはもともとエゾイソアイナメが正式名称で、これらを用いた料理の総称をドンコ料理といった言い方をします。 アイナメとついていますが、アイナメの仲間ではなく、タラの一種となっていて、間違われやすいです。

どんこの旬の時期

11月から3月が最盛期とされ、冬が旬となっています。

どんこの栄養成分

鉄が多いため、貧血や冷え性の予防に効果的なお魚です。

その他、ビタミンAやカルシウムも含まれています。

どんこの効能

どんこに含まれる鉄が貧血や冷え性の予防に役立ち、ビタミンAは目のビタミンともいわれるロドプシンを作るのに重要な役割をしています。

カルシウムは骨や歯を丈夫にし、また、イライラを抑え、精神の安定を図ります。

たんぱく質も多く含まれているので疲労回復にも効果があるとされています。

どんこの形や色の特徴

体は赤みの強い茶褐色で、腹部は紫黒色となっています。
全長は20cm以内が一般的な大きさです。

どんこの代表的なレシピ

どんこは淡白でプリっとした白身魚で、どんこ汁というみそ汁や、鍋に用いられることが多いです。

フィレ状にしてムニエルやボアレにする場合は、三枚におろし、ムニエルの場合は皮をひきます。

ボアレは皮つきのまま使って調理します。

ニラとどんこをたまごでとじるような炒め物にも適しています。

どんこはアンコウと同じような調理の使い方ができます。

ドンコのレシピを検索!又は どんこのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ドンコ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺