スポンサーリンク

ヌマチチブ(ぬまちちぶ)

スポンサーリンク

ヌマチチブ(ぬまちちぶ)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ヌマチチブ(ぬまちちぶ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ヌマチチブの呼び名由来についてご存知ですか?

ヌマチチブは、地方やその土地などによって変わってきたりしますが 大体が食用とされており同類のチチブとは、学術的な調査等を除けば区別されないことが多いです。

ヌマチチブの旬の時期

旬の時期は特になく主に日本海にはほぼ生息しているため、幅広く知られており
ハゼと同じに見えるため、間違える事もあります。
そのため、時期によっては、子持ちのヌマチチブがつれたりします。

ヌマチチブの栄養成分

主な栄養成分は、カルシウムが豊富で手軽に摂取できるのと小さな魚なため何個でも食べられるため、タンパク質なども多くとれるという事です。
そのため、健康にもいいとして有名な肴です。

ヌマチチブの効能

主な効能はカルシウムと豊富なタンパク質があるため、骨や歯を丈夫にしてくれて筋肉や体のつくりに必要な栄養素である物質だったり、他にも皮膚や髪の毛等の人に必要な細胞の大事な要素の働きがあります。
そして、カルシウムはミネラルも含まれているため骨などを丈夫にするだけではなく
体の中にある生理機能を調節したり、心を安定させたりする効能があったり、呼応血圧や
がん予防の働きもあったり、イライラ等を緩和させる働きもあります。

ヌマチチブの形や色の特徴

全長が約8cmという小ささで縦長で丸っこいため、他のハゼ科よりも小さいのが特徴です。高等部は丸くなっており、口は大きくて両顎には細かい歯が2列に並んでいる。
棘条は糸状に長く伸びるのも特徴のひとつです。

体の色は褐色の地に白斑が散在していて、脇腹には黒い縦帯が入る状態が多くて興奮すると全身が黒くなったり、明色になったりする。

ヌマチチブの代表的なレシピ

ハゼと同じ調理法でも十分美味しくいただけます。小さいので、定番のから揚げや酢揚げにして、南蛮漬け風に食べたりするのも美味しくいただけます。
他にも、天ぷらやハゼの煮付けなどもするととても美味しく頂けます。

ヌマチチブのレシピを検索!又は ぬまちちぶのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ヌマチチブ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺