スポンサーリンク

アゴハゼ(あごはぜ)

スポンサーリンク

 

アゴハゼ(あごはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

アゴハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

アゴハゼという名前は、日本の魚類学者であり、東京帝国大学の動物学の教授である田中茂穂さんが命名したといわれています。アゴハゼという名前の他に、グズ、ゴマ、ゴマッチョ、ダボハゼ、ダボといった呼び方もあります。

アゴハゼの旬の時期

アゴハゼの旬の時期は、晩秋から初冬にかけてですが、水温が低下し始める11月から12月にかけて獲れるアゴハゼは深海に移動するため、「秋の落ちハゼ」といわれており、魚体も卵巣も大きく絶品となります。

アゴハゼの栄養成分

アゴハゼは歯や骨の強化に適している魚です。カルシウム、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、D、E、B1、B2、B6、B12、葉酸、パトテン酸、ビタミンCなどといったビタミンをバランスよく含まれています。

またナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などといったミネラルもバランスよく含まれています。

アゴハゼの効能

カルシウムによって、歯や骨の強化の効果があります。カルシウムは全体の99%が骨に、残りの1%が血中・筋肉・神経に存在し、脳や神経の働きをスムーズにしたり、ホルモン分泌、血液凝固など重要な生理作用に関係しています。

そのため高血圧や動脈硬化の予防、イライラの解消、肩こり、骨粗しょう症予防に大きくつながってきます。

アゴハゼの形や色の特徴

アゴハゼは最大でも8センチほどの小魚です。頭が上から押しつぶされたように平たく、口が大きいです。舌の先端は浅く二叉します。

胸鰭と尾鰭は小さな黒点が並び、さらにつけ根には大きな黒斑が一つあります。鱗が細かいところが特徴です。体色は変異がありますが、灰色から緑褐色の地に大小の白斑が出ることが多いです。

アゴハゼの代表的なレシピ

アゴハゼの代表的なレシピを調べていくと、天ぷらや唐揚げといった揚げ物が多いです。その中でも唐揚げがより一層美味しく召し上がることができます。

アゴハゼの頭とはらわたを取り、塩をまぶして指でこすり、うろこや汚れをとります。うろこをとったら、水洗いをし、アゴハゼに塩コショウをふりかけて小麦粉をまぶします。180度の油に入れ、きつね色にあるまで揚げれば、出来上がりです。

アゴハゼのレシピを検索!又は あごはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / アゴハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺