スポンサーリンク

アユカケ(あゆかけ)

スポンサーリンク

カジカ科カマキリ(アユカケ)」、あおもりくま ( Aomorikuma ) - 青森県営 浅虫水族館 作、Wikipedia 提供。

アユカケ(あゆかけ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

アユカケの呼び名由来についてご存知ですか?

「アユカケ」は別名「カマキリ」とも呼ばれています。昆虫のカマキリと間違われることが多いためアユカケと呼ばれることがほとんどです。 えらぶたの棘で鮎をひっかけて食べることからアユカケと呼ばれるようになったといわれていますが、実際にはそのようなことはなく大きな口で小魚などを丸呑みするといわれています。 相模川厚木市では「フグタ」「カワフグ」平塚市では「ゲンノウ」福井県では「あられがこ」「かご」「がこ」神奈川県では「たきたろう」「ふぐた」静岡県では「あいかぎ」「かまはぜ」と呼ばれています。 数が非常に少なく環境省レッドリストの絶滅危惧II類(VU)に指定されています。

アユカケの旬の時期

10月〜12月にかけてが旬です。

アユカケの栄養成分

カルシウムがふくまれています。

アユカケの効能

カルシウムは人間の体では骨や歯を構成する必須ミネラルです。体内に最も多く存在するミネラルで体重の1〜2%を占めています。そのうち99%が骨や歯に存在しており残りの1%は血液などの体液や筋肉、細胞に分布しています。

他にも骨粗しょう症の予防効果、血液が固まるのを助ける効果、ストレスをやわらげる効果があります。

アユカケの形や色の特徴

体は灰褐色で黒い帯が4本背びれの後方と尾びれの近くにあります。えらぶたの上方に4本の棘があります。
最大で30cmになります。

アユカケの代表的なレシピ

塩焼きや刺身にして食べると美味しいです。

アユカケのレシピを検索!又は あゆかけのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / アユカケ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺