スポンサーリンク

テナガエビ(てながえび)

スポンサーリンク

テナガエビ(てながえび)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

テナガエビ(てながえび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

テナガエビの呼び名由来についてご存知ですか?

由来は名前のとおり、手がとても長いためテナガエビと名づけられました。 その理由は体調の1.8倍の長さに手がなるからです。

テナガエビの旬の時期

旬の時期は5月の半ばから7月にかけてが1番美味しく食べられる時期です。
この時期になると水温が暖かくなり、産卵時期に入るためその間がエサをよく食べて警戒心が薄れ活動性が高くなる時期になるため、旬の時期とされています。

テナガエビの栄養成分

テナガエビには、カルシウムが豊富い含まれており、タウリンも含んでおり
カロリーも低いため健康と体にはとてもいいとされています。
そして、DHAとEPAが豊富に含まれているため、不足しがちなDHAもとれて
高タンパク質で、低脂肪で生活習慣房などの予防にもなります。

テナガエビの効能

カルシウムには代謝を向上させて体を丈夫にしたり疲労を回復させる力や、タウリンが多いため、コレステロール値を下げる効果があったり、他にも生活習慣予防や低脂肪で糖質ゼロなため、ダイエット食としても効果がありガン予防の働きもします。

テナガエビの色と形の特徴

体長は種類やその育った環境にもよりますが5cmから20cmほどの長さまで成長し、成体は全体が緑褐色-灰褐色になり若い体の時は半透明で黒い縞模様が出たりします。
そして1番の特徴になるのが長く発達した鋏脚で大人になるとこれが長いのですが、メスや若いのはこれが短くなりこの鋏脚を使って食べ物をはさんだりして食べています。

テナガエビの代表的なレシピ

新鮮な場合刺身にして食べるのが最も美味しい食べ方で、他にはサラダやマリネにしたりパスタにいれたり、後はから揚げにしたリゾットとの具として食べるとプリプリしていてエビ独特の食管と味わいが楽しめます。

テナガエビのレシピを検索!又は てながえびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / テナガエビ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺