スポンサーリンク

ギンブナ(ぎんぶな)

スポンサーリンク

ギンブナ(ぎんぶな)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ギンブナ(ぎんぶな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ギンブナの呼び名由来についてご存知ですか?

ギンブナはコイ科の仲間で別名「マブナ」とも呼ばれていますが一般的にはブナといえば ギンブナと共に本種を指すことが多いです。

ギンブナの旬の時期

旬の時期は、晩春から初夏とされており子持ちギンブナだと秋にとれる事が多いです。
そのため、その時期などによっては特徴などが違ってきますが旬の時期に食べると美味しいギンブナが食べられます。

ギンブナの栄養成分

主な栄養成分は、含有されている成分としてビタミンB1・E・Dとレクチン等が含まれておりまた、カルシウムや良質なたんぱく質も含まれているため健康と体にはとても良いとされており、ビタミン類が豊富なため体には嬉しい作用もあります。

ギンブナの効能

効能はとてもよく特にビタミンBは疲労回復や糖質代謝に関係したり、ビタミンDは血中濃度をコントロールして、骨の成長を促す働きがあったりまた、丈夫にする効果もありまた、カルシウムやリンの吸収を助ける働きや、ビタミンEの作用はとても優れており
抗酸化作用があるとされているため、細胞の老化を防止する作用があるとされています。
そのため、生活習慣予防になると期待されています。

ギンブナの色や形の特徴

ギンブナは主に日本各地にとれ、河川の中・下流の緩流域などの所に住んだりしています。
全長は15cmから30cmまであり、臀鰭起点後方から体高が急に低くなる事もあり成長は4年から5年ほどで約30cmぐらいになるといわれています。
体の色は本体は金色に近い茶色になっており、おびや尻尾や頭などは黒と灰色が混じった色をしています。

ギンブナの代表的なレシピ

主に煮込まれる事が多く、醤油と生姜と共に煮込んだりまた、天ぷらにしたりすると美味しく食べられイタリアンならカナッペにして食べたりお寿司にしても美味しく食べられます。

ギンブナのレシピを検索!又は ぎんぶなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ギンブナ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺