スポンサーリンク

ゴクラクハゼ(ごくらくはぜ)

スポンサーリンク

"Rhinogobius giurinus (Shizuoka, Japan)" by Seotaro - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ゴクラクハゼ(ごくらくはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ゴクラクハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

ゴクラクハゼのちゃんとした由来はわかっていませんが、名前を聞く限りではお気楽なハゼのように思えますね。 この名前は田中茂穂さんという方が命名したそうです。

ゴクラクハゼの旬の時期

9月から11月が旬とされていますが、もっとも美味しく頂けるのは11月となっています。

ゴクラクハゼの栄養成分

カルシウムが豊富にふくまれています。また、カリウムもあります。

ゴクラクハゼの効能

つくだ煮や甘露煮にするとリンのカルシウムとの比率がカルシウムを吸収しやすくなります。

カルシウムは骨や歯を健康に保ったり、精神の安定を図ることでイライラを抑えます。

また、カリウムは、高血圧を予防する効果があります。

ゴクラクハゼの形や色の特徴

成魚は12cmほどになるものの6〜10cmの個体が多くなっています。

オスのほうがやや大きく、体は淡褐色で頬に虫食い状の斑点が見られます。

体側には黒褐色の斑が5〜6個並び、全身に青い小斑点があります。

ゴクラクハゼの代表的なレシピ

つくだ煮や甘露煮にすることで、よりカルシウムを吸収できるので、こういった食べ方がおすすめです。

ゴクラクハゼのレシピを検索!又は ごくらくはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ゴクラクハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺