スポンサーリンク

ボラ(ぼら)

スポンサーリンク

ボラ(ぼら)

"Mucep u0". Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

ボラ(ぼら)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ボラの呼び名由来についてご存知ですか?

ボラ目ボラ科に分類される魚の一種で、ほぼ全世界の熱帯・温帯地域に分布しています。河口や内湾の汽水域に多く生息していますが、海水でも淡水でも生きられる変わった魚になります。 現在は沿岸水域の汚染が進み嫌われてしまうこともある魚ですが、昔は沿岸でまとまって漁獲される味のよい食用魚として親しまれていました。高級魚として扱われていた地域も多く、そのために各地で方言呼称のある魚です。 また大きくなるにつれて呼び名が変わる出世魚で、関東ではオボコ−イナッコ−スバシリ−イナ−ボラ−トドと変化します。「オボコ」は子どもの幼さや可愛い様子を表す「おぼこい」の語源に、「イナ」は若い男の粋な様子を表す「いなせ」の語源に、「トド」はこれ以上大きくならないところから「結局」などを意味する「とどのつまり」の語源にと、形を変えて生活に浸透した言葉となっています。

ボラの旬の時期

晩秋から冬が旬で、12月〜2月の寒い時期のボラは脂がのり特に美味しいと言われています。

ボラの栄養成分

高タンパクで低カロリー、ビタミンA・Eなどビタミンの含有量が非常に多い魚です。

ボラの効能

ガンやアレルギーの発生を抑えたり、血栓の形成を抑制する働きがあると言われています。脳の働きを保ち改善する効果、細胞の老化や動脈硬化の予防にも有用とされています。また、含有するタウリンには肝臓における解毒作用を高める働きがあります。

ボラの色、形の特徴

全長80センチ以上まで成長しますが、沿岸で見られるのは数センチから50センチほどになります。体色は青灰色から緑灰色で体側から腹側は銀白色、不明瞭は細い縦縞が数本現れています。

ボラの美味しい食べ方

身は歯ごたえのある白身で、血合が鮮やかな赤色をしています。刺身、洗い、味噌汁、唐揚げなど様々な料理で味わえます。生で食べる場合は皮を剥ぎ、臭みを消す薬味などを合わせると良いでしょう。

またメスの卵巣を塩漬けし乾燥させたものは「カラスミ」と呼ばれ、珍味として珍重されています。

ボラのレシピを検索!又は ぼらのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ボラ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺