スポンサーリンク

シマイサキ(しまいさき)

スポンサーリンク

シマイサキ(しまいさき)

シマイサキ(しまいさき)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

シマイサキの呼び名由来についてご存知ですか?

シマイサキは、若狭以南の日本海沿岸や太平洋沿岸の内湾などの汽水域や浅い岩礁の周りに生息しています。また世界では、台湾や中国、フィリピンにも生息しています。 このシマイサキは、海流や波のあらい場所には少なくて湾内の川の河口や港の中などに多いです。また、釣り上げると「ぐーぐー」と鳴きます。 シマイサキという名前は、イサキに似て、縞文様があるという理由からきています。 地方名として鳴き声に由来する「ウタウタイ」、「シャミセン」、「グイグイ」、「ポッポ」、模様から「スミヤキ」、「スミナガシ」、「スミヒキ」などがあります。

シマイサキの旬の時期

シマイサキの旬は冬から子を持ち始める夏頃までとなっているので、12月〜8月頃が旬の時期と言えます。

シマイサキの栄養成分

主に高質なタンパク質やビタミンA・B群にビタミンDを多く含んでいます。

シマイサキの効能

タンパク質はプロテインになるため、筋肉や細胞の形成や筋肉の動きを浴したり
神経の興奮やイライラ等を抑えたり、血圧を下げたりする働きがあり
他にも、がん予防になる効果もあるとされています。

ビタミンAには、感染症や外部からのウイルスから守るための免疫力を高めたり、お肌の老化等も防ぐ働きがあったりするほか、ビタミンB群にはヒレ王を回復させたりストレスを緩和させ、脂肪の分解を助けエネルギーに変化し口内炎予防をしてくれる働きがあります。

シマイサキの形や色の特徴

シマイサキの体長は約30cm前後になり冬になれば産卵期に入ります。
主な生産国は、南日本、中国、台湾、フィリピンで汽水域や浅い岩礁域に生息しており
体色は、銀灰色や褐色が基調としており黒色の縦縞を持つ種類が多いとされています。
そして、尻尾や尾びれの一部は黒色をしています。

シマイサキの代表的なレシピ

由布になると身が締まっているため刺身で食べるのが1番美味しい食べ方になります。
他にも、塩焼きや煮つけ、フライ等にして食べるととても美味しく、また唐揚などにして食べるとまた、一味違った味が楽しめます。

シマイサキのレシピを検索!又は しまいさきのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / シマイサキ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺