スポンサーリンク

ハナカジカ(はなかじか)

スポンサーリンク

"Snakehead - Channa argus 2" by Brian Gratwicke - Snakehead - Channa argus. Licensed under CC 表示 2.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ハナカジカ(はなかじか)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ハナカジカの呼び名由来についてご存知ですか?

ハナカジカの漢字表記はいくつかあります。そのひとつが花鰍であり、鰍という漢字はとくに秋のカジカがおいしいことからという理由で魚へんに秋という漢字が当てられています。この他にも鹿のように美味しいという魚であるという意味を表す河鹿という表記も存在しますがこれはカジカガエルにも用いられる表記で注意が必要です。また花杜父魚と書く場合もあります。英語名をCottus nozawaeといい、ノザワエという日本語と思われる単語が入っていることは日本の固有種であることを示すものです。近年は河川の開発に伴い生息数は減少しており山形県、岩手県ではレッドデータブックに入っています。絶滅が危惧されているため各県で希少種として保護が進んでいます。

ハナカジカの旬の時期

秋が旬です。

ハナカジカの栄養成分

ビタミンとしてはB12が豊富です。ミネラルではカルシウムが多く含まれています。不飽和脂肪酸であるEPA、DHAにも富んでいます。

ハナカジカの効能

ビタミンB12は赤血球の合成に関わる成分で、貧血の予防・改善に効果があります。EPAは血液をさらさらにする成分として知られ、動脈硬化を予防し心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げてくれます。DHAは人間の脳そのものの材料になる成分であり、一般に頭をよくする成分として知られているほか、うつ病・認知症の予防や症状の改善に効果があります。

ハナカジカの形や色の特徴

成長しても12cmほどの大きさにしかならない小さな魚です。色は黒褐色で体の側面には帯状の横紋があり、腹鰭には縞模様があります。カサゴ目に属するため頭や鰭が大きく、スタイルとしてはやや不恰好であるともいえます。一見ごつい感じもする見た目とは裏腹に鱗はまったくありません。

ハナカジカの代表的なレシピ

鍋の具材とするのに最適です。根菜類と一緒に仕上げれば冬場には体を温めてくれる有難い一品になります。新鮮であれば肝も食べることが出来ます。また味噌汁にいれるのもお勧めです。ほかにもから揚げにして酒の肴にするなど様々な料理法に向いています。

ハナカジカのレシピを検索!又は はなかじかのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ハナカジカ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺