スポンサーリンク

ヒラテテナガエビ(ひらててながえび)

スポンサーリンク

ヒラテテナガエビ(ひらててながえび)

"Yamadakuma" by ふうけ - ふうけ's file. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ヒラテテナガエビ(ひらててながえび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ヒラテテナガエビの呼び名由来についてご存知ですか?

ヒラテテナガエビの由来は、第2脚が縦に平たいことからきています。 和名は「平手手長蝦」です。

ヒラテテナガエビの旬の時期

ヒラテテナガエビの旬の時期は夏で、6月から8月の間です。

ヒラテテナガエビの栄養成分

・たんぱく質
・グリシン
・ベタイン
・ミネラル
・タウリン
・キチン質
など

エビはイセエビをはじめ、クルマエビ、アマエビ、ボタンエビなど種類もいろいろですが、そのどれもが、高タンパクで低脂肪、しかも糖質がゼロというのが特徴です。ただし痛風の原因、尿酸を増やすプリン体を多く含むので尿酸値の高い方は注意が必要です。

エビに独特のうまみがあるのは、グリシンやベタインなどのアミノ酸が多いためです。

ヒラテテナガエビの効能

グリシンを摂取することで手足の血流量が増え、皮膚の角質の水分量が増えて肌の潤いが増します。

皮膚にあるコラーゲンを作っているアミノ酸のうち、三分の一はグリシンです。
グリシンを摂ると皮膚のバリア機能が高まり、敏感肌が改善する効果があります。
また、肌の老化防止にも役立ちます。

ベタインは高脂血症や肝機能の改善に効果があります。
甘味や旨みに関わる成分で食品添加物では調味料に分類されています。
また、天然アミノ酸系保湿剤として化粧品やシャンプーなどにも使用されています。

ミネラルは全体的に少なめですが、鉄分を含んでいるので貧血予防には有効です。

タウリンは生活習慣病に効きます。
キチン質は免疫力を高め、血中コレステロールを低下させる働きがあります。

ヒラテテナガエビの形や色の特徴

形は黒で、はさみが細長いです。

ヒラテテナガエビの代表的なレシピ

ヒラテテナガエビの代表的なレシピは、焼きエビです。
エビマヨ・エビチリ用として調理するのは不向きとされています。

ヒラテテナガエビのレシピを検索!又は ひらててながえびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ヒラテテナガエビ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺