スポンサーリンク

ホシマダラハゼ(ほしまだらはぜ)

スポンサーリンク

 

ホシマダラハゼ(ほしまだらはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ホシマダラハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

体側には「まだら」な「ほし」模様があり、それが輝いて見えることから「ホシマダラハゼ」と呼ばれるようになりました。

ホシマダラハゼの旬の時期

ホシマダラハゼの旬の時期は、秋から冬で11月〜12月の間です。

ホシマダラハゼの栄養成分

ビタミンB12、ビタミンD、たんぱく質、ビタミンE、DHA、EPA、カルシウムなどが含まれています。

ホシマダラハゼの効能

・集中力アップ
・筋力アップ
・うつ
・関節痛
・不眠症
・肝機能低下
など。

ガンやアレルギー、血栓の形成を抑える働きがあります。
また、骨を丈夫にしたり、脳の働きを保つのを改善する作用があるとされます。

その他、動脈硬化の予防にも有用とされます。

DHAにはアトピー性皮膚炎を緩和したり、老人性認知症を改善する作用があるといわれています。また、コレステロールを減少させたり、がんの発生を抑える働きがあると考えられています。

エイコサペンタエン酸は血栓の形成を抑制したり、コレステロールを減少させる働きがあると言われており、いずれもDHAのそれより優れた作用を示すと考えられています。

また、アレルギー症状を改善したり癌や高血圧、動脈硬化の予防にも役立つと言われています。カルシウムはイライラを鎮めたり、骨を丈夫にする働きがあるとされます。ビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを補う作用があると言われています。

ビタミンEは、優れた抗酸化作用を有しており、有害とされる過酸化脂質が発生するのを抑制することから細胞の老化を防ぐ働きがあると考えられています。また、血行を改善し冷え性や肩凝りなどを緩和する作用もあると言われています。

ホシマダラハゼの形や色の特徴

体は尾鰭にかけて細くなってゆき、頭部は丸く、色は黒で白いまだらな斑点が体にあります。

ホシマダラハゼの代表的なレシピ

ホシマダラハゼの代表的なレシピは、天ぷらです。

ホシマダラハゼのレシピを検索!又は ほしまだらはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ホシマダラハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺