スポンサーリンク

イワトコナマズ(いわとこなまず)

スポンサーリンク

イワトコナマズ(いわとこなまず)


"Silurus lithophilus by OpenCage". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

イワトコナマズ(いわとこなまず)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

イワトコナマズの呼び名由来についてご存知ですか?

ナマズの「ナマ」はなめらか「ズ」は頭でなめらかな頭の魚を意味します。 ナマズは別名ヘコキともいわれています。 友田淑郎が『湖魚考』(文化年代 小林義兄)からとったものです。岩場に多く岩床(岩場)にすむナマズの意味です。

イワトコナマズの旬の時期

イワトコナマズの旬の時期は梅雨時期(6月)と秋(9月〜11月)頃です。

イワトコナマズの栄養成分

ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA/IPA)、たんぱく質、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1などがあります。

イワトコナマズの効能

ドコサヘキサエン酸(DHA)は脳細胞を活発させて学習能力や記憶力を上昇させます。このため老人性認知症の改善に有効といわれています。またアトピー性皮膚炎などの症状を緩和させたりコレステロールを減少させる働きもあるといわれています。ガンの予防にも有効といわれています。

エイコサペンタエン酸(EPA/IPA)はドコサヘキサエン酸(DHA)より優れたコレステロール低下作用や抗血栓作用があると言われています。動脈硬化や高血圧を防ぐのに役立つといわれています。ドコサヘキサエン酸(DHA)同様にガンを防ぐ働きやアレルギー症状を緩和する働きもあるといわれています。

ビタミンDは紫外線を浴びることによって体内で合成することができる唯一のビタミンで太陽のビタミンとも呼ばれています。骨や歯を丈夫にする効果、糖尿病を予防する効果、免疫力を高める効果があります。

ビタミンEは若返りのビタミンともいわれています。老化を防ぐ効果、生活習慣病の予防や改善の効果、血流を改善する効果、美肌効果、生殖機能を維持する効果があります。

ビタミンB1は炭水化物 (糖質)の代謝を促すため白米を主食にしている日本人にとって必要な栄養素です。疲労回復効果、神経機能を正常に保つ効果があります。

イワトコナマズの形や色の特徴

体長は30cm〜60cmです。
口ひげが4本あります。頭部が扁平で目が頭部側面に位置しています。
雌のほうが雄より大型です。

イワトコナマズの代表的なレシピ

イワトコナマズは岩場などに生息している為か泥臭さがなくナマズ類の中でも最も美味しいとされています。

専門店で扱われることが多く市場に出回るものは少ないです。

レシピを探してみるとすき焼き、味噌汁、天ぷら、蒲焼き、煮付け、刺身、空揚げなどがあります。

イワトコナマズのレシピを検索!又は いわとこなまずのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / イワトコナマズ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺