スポンサーリンク

鯰(なまず)

スポンサーリンク

鯰(なまず)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

鯰(なまず)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鯰の呼び名由来についてご存知ですか?

「なま」はウロコがなく滑らかな魚というところから来ていて、なめくじの「なめ」と同じ意味として使われています。 「ず」は川や沼の泥底に棲むことから、どじょうの「ど」と同じで「泥」や「土」を表しています。 ねばるの意味が「念」になって「鯰」の字があてられるようになりました。

鯰の旬の時期

旬の時期としては、秋と冬になっています。

鯰の栄養成分

鯰にはビタミンA、B1、B2などの多くのビタミンや、脂質にはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸も含まれています。

眼精疲労や肌荒れ予防に効果的なお魚となっています。

鯰の効能

ビタミンAは目のビタミンといわれるロドプシンを作るのに重要な役割をしていて、その他にも病原菌の侵入を防いでいます。ビタミンAに含まれるベータカロテンにはがんの抑制効果もあります。

また、眼精疲労や肌荒れ予防、成長の促進に効果が期待できそうです。

皮膚や粘膜を守る働きもあったり、肝機能を高める、視力改善といった効果も見られます。

高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の予防にも役立つとされています。

鯰の形や色の特徴

鯰は硬骨魚類で骨格の大部分が硬い骨でできています。

また、頭が大きく、ひげが生えていて、黒色となっています。

鯰の代表的なレシピ

鯰には臭みのないイワトコナマズというものがあります。

刺身や天ぷら、かば焼き、煮つけなどさまざまな料理と相性がよく、バリエーションが広がります。

反対に臭みがあるなまずもいるので、そういったものは食用となっていません。

鯰のレシピを検索!又は なまずのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺