スポンサーリンク

ゲンゴロウブナ(げんごろうぶな)

スポンサーリンク

ゲンゴロウブナ(げんごろうぶな)

"Carassius cuvieri by OpenCage". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

ゲンゴロウブナ(げんごろうぶな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ゲンゴロウブナの呼び名由来についてご存知ですか?

ゲンゴロウブナの由来については諸説あります。琵琶湖西岸の漁師、源五郎が都で売ったフナが評判であったためであるとか、源五郎という人がとって安土城主に献上していたマブナが大きいものばかりだったためとか、源五郎というこの魚しか売らない魚屋がいたためなどというものです。 スケールの大きな昔話として畑で水撒きをしていた源五郎が水がめを落としたらその水で琵琶湖ができてしまい、自分自身もその中に落ちてフナになってしまったというものまであります。とにかく琵琶湖に昔から棲む固有種であることだけは確かです。 釣りの愛好家にはヘラブナという通り名のほうが有名ですが、ヘラブナはゲンゴロウブナの突然変異種を人工的に育成して品種改良したものです。さらにこれが大阪(河内)で養殖され狭い水域でも棲めるよう品種改良されたのがカワチブナと呼ばれるものです。

ゲンゴロウブナの旬の時期

冬から翌春にかけてが旬です。とくに5月ごろ、抱卵した子持ちのゲンゴロウブナも美味しいとされています。

ゲンゴロウブナの栄養成分

高たんぱく低脂肪で、ビタミンとしてはB、E、も含まれますが特にDが豊富です。なれ寿司に加工して食べればカルシウムを多く摂取できます。タンパク質中にはレクチンという物質が含まれています。

ゲンゴロウブナの効能

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨を丈夫にするために欠かせない栄養素です。レクチンには免疫機能を強化し、がん予防に効果があるとされています。

ゲンゴロウブナの形や色の特徴

体長は40cm程度まで大きくなります。体高は大きくて平たく、タイに似た形をしています。色は銀白色です。

ゲンゴロウブナの代表的なレシピ  

フナ寿司の材料として用いられ、塩と米で発酵させれば丸ごと食べることも出来ます。輪切りにして味噌煮にするフナコクという調理法が臭みを消して食べるのには一番です。湯引きをして入念に臭みをとってから日本酒、味噌、砂糖の中でアクをとりながら一時間ほど煮れば完成です。ネギや唐辛子、山椒などの薬味を加えるとおいしくいただけます。コイのように洗いにして刺身を食べることも出来ます。

ゲンゴロウブナのレシピを検索!又は げんごろうぶなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ゲンゴロウブナ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺