スポンサーリンク

サワガニ(さわがに)

スポンサーリンク

サワガニ(さわがに)

"Geothelphusa dehaani 01" by fumiyas707 - さわがにくん. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

サワガニ(さわがに)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

サワガニの呼び名由来についてご存知ですか?

サワガニは生涯を水質がいい淡水域で過ごし、渓流や沢に生息することから「サワガニ」と呼ばれるようになりました。 サワガニの和名は「沢蟹」です。 その一方、比較的人家に近い水田の畔(ほとり)、水路などでも見かけることから「タンガネ」(長崎県「田蟹」の意)、イデンコガニ(徳島県「いでんこ」は排水溝の意)などの地域名も持ちます。 サワガニは本州、四国、九州に広く分布しています。近年、北海道にも少数ながら分布していることがわかりました。

サワガニの旬の時期

サワガニの旬の時期は、春で4月から5月の間です。

サワガニの栄養成分

・アスタキサンチン(活性酵素消去、抗ガン)
・タウリン(動脈硬化抑制)
・ベタイン(肝機能強化)

など

サワガニの効能

アスタキサンチンによる抗酸化作用で活性酵素を消去します。
動脈硬化予防、ストレス性免疫低下の抑制、抗ガン、白内障、胃潰瘍予防の効果があります。

タウリンによる血中コレステロール低下、肝臓の解毒作用を強化する作用もあります。

ベタインによる甘み、旨み成分で肝機能を強化します。
胆汁の産生を促進し、脂質のエネルギー代謝を活性化、コレステロールを低下させます。

サワガニの形や色の特徴

赤茶色で、はさみが細いです。

サワガニの代表的なレシピ

サワガニの代表的なレシピは、サワガニの三種盛りです。
から揚げにして食べることもできます。

調理する際は生きたサワガニを使いますが、生で食べることはありません。
寄生虫(肺吸虫)の中間宿主なので、よく加熱してから食べる必要があります。

サワガニを調理する際に使ったまな板や包丁もしっかり消毒してから使う必要があります。

サワガニは養殖もされていて、食料品店などでもしばしば目にする機会があります。

サワガニのレシピを検索!又は さわがにのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / サワガニ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺