スポンサーリンク

モクズガニ(もくずがに)

スポンサーリンク

モクズガニ(もくずがに)

Eriocheir japonica externals」、Dieno - Own work 作、Wikipedia 提供。

モクズガニ(もくずがに)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

モクズガニの呼び名由来についてご存知ですか?

モクズガニのはさみに藻屑のように毛がくっついていることからきています。

モクズガニの栄養成分

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナイアシン
・ミネラル
・タウリン
・アスタキサンチン など

モクズガニの効能

ビタミンB1には疲労回復の効果があり、炭水化物(糖質)の代謝を促すため、白米を主食にしている日本人にとって必要な栄養素です。

また、エネルギーをつくる手助けをすることで神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。

ビタミンB2は、リボフラビンとも呼ばれています。
脂肪を燃焼させ、エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進し、健康な皮膚や髪、爪をつくるなど、発育や美容に効果があります。

ナイアシンはニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3ともいいます。
糖質・脂質・たんぱく質の代謝に不可欠で、循環系、消化系、神経系の働きを促進するなどの働きがあります。

ミネラル類は、五大栄養素のひとつで、体の組織をつくる原料となり、体の働きを維持・調節する働きがあるため人にとって必要不可欠な成分です。

タウリンはアミノ酸の一種で、動脈硬化や糖尿病、心不全などの生活習慣病に対して効果が高いことで知られています。

アスタキサンチンには、眼精疲労の改善や動脈硬化予防などの効果があります。

モクズガニの形や色の特徴

形は甲が丸く、藻屑のような毛がハサミに生えていて、灰褐色です。

モクズガニの代表的なレシピ

モクズガニの代表的なレシピは、かに汁です。
郷土料理では、寿司、煮物、釜飯などにするところもあります。

モクズガニは寄生虫がいるので茹でて食べる必要があります。
茹でる事で殺菌をすることができます。

これはモクズガニだけではなく上海蟹も茹でたり蒸したりする必要があります。

モクズガニのレシピを検索!又は もくずがにのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / モクズガニ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺