スポンサーリンク

カマツカ(かまつか)

スポンサーリンク

カマツカ(かまつか)

Fish kamatuka」。Wikipedia で発表。

カマツカ(かまつか)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

カマツカの呼び名由来についてご存知ですか?

コイ目コイ科の魚類で、日本では岩手県、山形県より南の本州、四国、九州に分布しています。国外では朝鮮半島や中国北部で見られます。 おとなしく臆病な性質から、驚いたり外敵が現れると砂の中に潜り、目だけを出して隠れる習性があります。この様子から「スナホリ」、「スナムグリ」、「スナモグリ」などと呼ばれています。その他地方での呼ばれ方は様々です。 また生態が海水魚のキスに似ているところから「カワギス」、エラ蓋から勢い良く砂を吐き出す仕草から「ツチフキ」などの別名もあります。

カマツカの旬の時期

旬は春から初夏、3月〜6月頃になります。

カマツカの栄養成分

ビタミンB1、D、Eが豊富に含まれています。魚類の中ではビタミンB1の含有量が多い魚になります。

カマツカの効能

含まれるビタミンB1は糖質の代謝に役立ち、疲労回復の効果が期待できます。また利尿効果があり、妊娠中のむくみなどに効果があります。産後の貧血を防ぎ、母乳の出も良くして体力回復に役立つ滋養食品になります。

カマツカの色、形の特徴

体長15〜20センチの細長い体に、長く下に尖った口が特徴になります。馬面な顔に一対の白い口ひげを持っています。薄褐色がベースの体色は暗色斑の浮く迷彩模様で、ユニークな外見や仕草から観賞用としても飼育されます。しかし水質の変化に敏感で、臆病で神経質なためある程度知識と経験が必要とされます。

カマツカの美味しい食べ方

美味な白身を持つ魚で、塩焼きや甘露煮、天ぷらなどで食べられています。癖のない白身は熱を通すことによって締まるので、皮つきのまま熱湯をかけて湯引きにしても良いでしょう。朝鮮半島では辛口のスープで煮立てて食べられます。

なお、大きな個体については刺身でも食べられると言われていますが、寄生虫が付いている可能性があるので川魚の生食は出来るだけ避けたほうがいいでしょう。

カマツカのレシピを検索!又は かまつかのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / カマツカ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺