スポンサーリンク

ヒメマス(ひめます)

スポンサーリンク

ヒメマス(ひめます)

"Himemasu" by このファイルには作者に関する情報がありません。 - 自己撮影. Licensed under CC0 via ウィキメディア・コモンズ.

ヒメマス(ひめます)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ヒメマスの呼び名由来についてご存知ですか?

「ヒメマス」という名前は明治時代、千歳孵化場の森脇という技師が、公文書の問い合わせ中にこの名前を呼称しました。 ヒメマスは北海道中央市場では「チップ」と呼ばれています。 「チップ」は元々アイヌ語の「薄い魚」という意味を持つ「カパチェプ」が訛って呼び方が変わりました。 ヒメマスは漢字では「姫鱒」と書きます。

ヒメマスの旬の時期

ヒメマスの旬の時期は6月です。

ヒメマスの栄養成分

ヒメマスはサケ同様に総合的に栄養価の高い魚で、100gあたり約154カロリーで、さんまやイワシ、サバよりもカロリーが低く、EPAやDHA、良質なたんぱく質や魚にはあまり含まれないビタミンAが豊富に含まれています。

身の赤い色素はアスタキサンチンと呼ばれるカロチン色素で、サケ・マス特有の抗酸化物質です。

さらにビタミンDも多く含まれ、これらのほかにもビタミンB1、B2、ナイアシン、脂質、ミネラルなどがバランスよく含まれたスタミナ食といえます。

ヒメマスの効能

ヒメマスに含まれているEPAは血液中の中性脂肪を減らします。
EPAを過剰に摂取すると脳卒中や動脈硬化といった病気のリスクが高まってしまうので、注意が必要です。

同じく含まれているDHAの効果は学習能力と記憶力の向上、視力低下の抑制、動脈硬化の予防、高脂血症の改善、血栓の抑制、高血圧の抑制、運動能力の向上、老人性痴呆賞の予防・改善、抗アレルギー、抗炎症作用、アトピー改善などの効果があります。

ビタミンDには骨格を強化するはたらきもあります。

ヒメマスの形や色の特徴

形は細く、サケ属のなかでは最も細長い体形とされています。
色はヒレが黒ずんでおり、それ以外は白〜銀色です。

ヒメマスの代表的なレシピ

ヒメマスの代表的なレシピは甘露煮です。

ヒメマスのレシピを検索!又は ひめますのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺