スポンサーリンク

オオクチバス(おおくちばす)

スポンサーリンク

オオクチバス(おおくちばす)

"Largemouth bass - Micropterus salmoides" by Clinton & Charles Robertson from Del Rio, Texas & San Marcos, TX, USA - Largemout bass (Micropterus salmoides). Licensed under CC 表示 2.0 via ウィキメディア・コモンズ.

オオクチバス(おおくちばす)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

オオクチバスの呼び名由来についてご存知ですか?

オオクチバスは大きな口の持ち主なため、大きな口をしたバスということでオオクチバスという名前がつきました。別名ではコクチバス、フロリダバスとともに、ブラックバスと呼ばれることもあります。日本に移入した当初は、オオクチクロマスとも呼ばれていましたが、サケ科のマス類と混同されるためにこの呼称は現在では使用されていません。オオクチクロバスは全国で呼び名が違い、グリーンバス、グリーントラウト、リンサイドバスなどといった呼び方があります。

オオクチバスの旬の時期

オオクチバスは旬の時期である12月から5月に召し上がることがオススメです。透明感のある白身で、ほどよい繊維質で。白身として非常に上質で、骨アラなどからいいだしをとることができます。

オオクチバスの栄養成分

オオクチバスは老化防止や高血圧予防に適している魚です。タウリン、その他にビタミンE、タンパク質、カルシウムといった栄養成分もバランスよく含まれています。

オオクチバスの効能

タウリンにより、老化防止に効果を発揮します。その他に血液中のコレステロール値を下げることができるため、糖尿病予防や塩分の摂りすぎによる高血圧の改善、血液をさらさらにする効果があり、血液循環がよくなり、新陳代謝が活発になるため、脂肪燃焼が期待できるためダイエットにも大きくつながってきます。また筋肉の収縮力を強める作用があることから、体のむくみや動悸、息切れなどの病状を改善してくれます。

オオクチバスの形や色の特徴

オオクチバスの色は黒で、腹部が白いです。鱗はやや硬いですが、取りやすいです。皮は厚く硬いのが特徴です。オオクチバスは触って張りのあるものが美味しく召し上がれます。鰓が赤いものを選ぶことも美味しく召し上がる決め手になります。

オオクチバスの代表的なレシピ

オオクチバスの代表的なレシピを調べていくと、フライやムニエル、天ぷら、刺身などといった料理がでてきます。その中でもムニエルにして食べることでより一層オオクチバスを美味しく召し上がることができます。バターでソテーすると、しっとりと中がジューシーにあがり、非常に上質な味わいになります。高級料理店でも使える素材といわれています。

オオクチバスのレシピを検索!又は おおくちばすのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / オオクチバス / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺