スポンサーリンク

ミヤベイワナ(みやべいわな)

スポンサーリンク

 

ミヤベイワナ(みやべいわな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ミヤベイワナの呼び名由来についてご存知ですか?

プランクトンを効率良く補食するためにエサを濾すエラの部分のサイハと呼ばれる器官が細くなっていることを発見した、札幌農学校(現:北海道大学)の教授であった宮部金吾にちなんで、日本のサケ科魚類の研究の第一人者の一人である大島正満が1938年に命名しました。北海道の天然記念物に指定されています。

ミヤベイワナの旬の時期

ミヤベイワナの旬の時期は5月〜8月にかけてです。

ミヤベイワナの栄養成分

リンが含まれています。

ミヤベイワナの効能

リンは体を構成するミネラルのひとつです。筋肉、神経、脳、肝臓などすべての組織に含まれます。

カルシウムと結合してリン酸カルシウムとなり骨や歯をつくる材料となります。丈夫な骨や歯を保つために必要です。骨ではカルシウムの次に多く含まれるミネラルで骨の強度を保っています。

リンはATP(アデノシン3リン酸)の構成成分で体の中でエネルギーを蓄える役割があります。食事でとった糖質や脂質、たんぱく質などは代謝を受けてATP(アデノシン3リン酸)となることでエネルギーを生み出します。

リンが不足すると新陣代謝が低下し筋肉の衰えや体のだるさを引き起こします。そのため神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。

ミヤベイワナの形や色の特徴

ミヤベイワナの体の色はブラウン、グリーン、ブルーの3色あるといわれています。
白い斑点が体にあります。

ミヤベイワナの代表的なレシピ

ホイル焼きで食べると美味しいです。

ミヤベイワナのレシピを検索!又は みやべいわなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ミヤベイワナ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺