スポンサーリンク

ノコギリガザミ(のこぎりがざみ)

スポンサーリンク

mud_crab

"Nokogirigazami1" by 自分 - 自分で撮影. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

ノコギリガザミ(のこぎりがざみ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ノコギリガザミの呼び名由来についてご存知ですか?

甲の縁に鋸の歯みたいな突起がついている事からそう呼ばれるようになりました。

ノコギリガザミの旬の時期

美味しい時期は、10月から1月の間がとても美味しい時期になります。

ノコギリガザミの栄養成分

とても多いのがカルシウム、マグネシウム、リン、鉄、タンパク質、ビタミンB12とビタミンEやナイアシンが多く含まれています。

ノコギリガザミの効能

カルシウムには、早骨を丈夫にしたりがん予防や筋肉や細胞を作ったり、形成されるのに必要な栄養素となり、マグネシウムにはタンパク質と合成し、エネルギー代謝をよくしたり、体内の酸素反応に関係したり体温調節は勿論、筋肉の収縮や血圧調整といった事を調節する役割をしてくれます。

リンにはカルシウムと働いて骨や歯を更に丈夫にする働きがあったり、血液中の酸とアルカリとのバランスを保つ働きや、鉄には血中んもヘモグロビンを生成させたり、地を増やしたりする働きをしてくれます。

ビタミンB12は酸素の合成や赤血球の合成に関与やエネルギー代謝に関与したりする働きがありますし、ナイアシンには、エネルギー産生を助けたり脂質の代謝の促進やアルコール分解作用といった働きをしてくれます。

ノコギリガザミの形や色の特徴

甲長は約130mmや幅は200mmになる大型のカニになります。甲はイチョウの葉に似た形の輪郭を持って、成体では厚みがあり鋸の歯状の鋭い突起が甲の額に6歯あり、眼から甲の両側縁に各9歯付いています。

体は平薄で鈍い光沢があるのが特徴的で体色は、背中が褐色をしており腹面が黄白色または、明褐色をしています。

主に波の静かな内湾や河口などの汽水域等に生息し、オス同士の戦いなどで失った鉄や足などは数回の脱皮を繰り返していくうちに再生していくという体です。

ノコギリガザミの代表的なレシピ

主に、味噌汁などに入れてカニの出汁を取りながら食べたりするのが一般的とされており
他にも、カニのクリームパスタやカニのコロッケそして、鍋などのメインまたは出汁鳥として入れたり、身だけをから揚げ風にしたりするととても美味しく、またスープなどの具の一つとして入れるととても美味しく頂けます。

ノコギリガザミのレシピを検索!又は のこぎりがざみのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ノコギリガザミ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺