スポンサーリンク

ニッコウイワナ(にっこういわな)

スポンサーリンク

"Nikkou char ニッコウイワナ Salvelinus leucomaenis pluvius" by opencage さん http://opencage.info/pics/ - http://opencage.info/pics/large_17346.asp. Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

ニッコウイワナ(にっこういわな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ニッコウイワナの呼び名由来についてご存知ですか?

渓流の岩などに隠れている事や渓流の岩の多い場所にいるため、この名前がつけられたとされています。

ニッコウイワナの旬の時期

旬の時期は、4月から8月にかけてが旬とされており
この時期になるととても美味しいニッコウイワナがとれます。

ニッコウイワナの栄養成分

主な栄養成分は、タンパク質、カリウム、βカロテン、カルシウム、リン、が豊富で
少しですが、ビタミン類が含まれていたります。

ニッコウイワナの効能

タンパク質はプロテインになるため、筋肉や細胞を成形する上でとても重要な栄養素となりまた、神経伝達組織や細胞やエネルギーの代謝を上げたり、向上させるのに必要な役割をしていたり、カリウムには血圧を下げたり筋肉や細胞などの動きをよくしたりする働きや、高血圧予防などをする働きがあります。

βカロテンには、美肌になる働きやがん予防、体の成長を助ける役割などをしてくれます。
βカロテンは体内に吸収されると、ビタミンAに変化します。

リンには、骨や歯を形成するだけではなく、DNA成分である核酸を作る成分も含まれていたり、エネルギー代謝を向上させたりする働きがあります。

ニッコウイワナの形や色の特徴

ニッコウイワナの産卵期は、9月から11月とされておりサクラマスやヤマメ等よりも上流に生息しており、イワナの方が冷水を好み棲み分けをしている事がわかっています。

主に、小型魚などを食べたり昆虫などを食べる動物食性で、体は基本に茶色をしておりで他の魚と違い白い斑紋が頭部にはなく、体の大きさは約60cm前後になりイワナ類のほとんどが一生を淡水す魚で河川の最上流の冷水域に生息している場合が多いです。

日本のイワナは、海外などのイワナに比べると成長がとても遅く海に下り、成熟して川を遡上する降海型という生き方をしています。

ニッコウイワナの代表的なレシピ

一般的に美味しいとされているのは塩焼きがとても美味しく頂ける食べ方です。
他にも、炊き込みご飯の具の中に入れたり、味噌汁や新鮮なら刺身などにして食べるのもとても美味しく頂けます。

ニッコウイワナのレシピを検索!又は にっこういわなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ニッコウイワナ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺