スポンサーリンク

ノボリハゼ(のぼりはぜ)

スポンサーリンク

 

ノボリハゼ(のぼりはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ノボリハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

ノボリハゼは、第一背びれが「のぼり」のように長く伸びるため、これが名前の由来になったといわれています。汽水環境必要で、気が強く、他の魚を噛みつくこともあります。

ノボリハゼの旬の時期

ノボリハゼの旬の時期は12月から2月です。ノボリハゼの近くにはクリサケハゼやカツゲハゼなどの汽水系ハゼがいっぱいいるので、条件がいいときに狙うことが必要になります。

ノボリハゼの栄養成分

ノボリハゼは骨や歯の強化に適している魚です。カルシウムをはじめ、ビタミンA、D、E、B1、B2、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビタミンCなどといったビタミンやナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などといったミネラルをバランスよく含まれています。

ノボリハゼの効能

カルシウムによって、骨や歯の強化に効果を発揮してくれます。カルシウムは人体の中でももっとも多いミネラルといわれており、全体重の1.5%から2.0%程度を占めています。カルシウムは、骨や歯の構成要素としてではなく、体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。そのため筋肉の収縮、神経伝達物資を放出し、興奮や緊張の緩和、血液凝固、動脈効果や高血圧の予防、イライラを鎮めるなど、さまざまな生理作用があります。

ノボリハゼの体や色の特徴

ノボリハゼは日本では南西諸島に多く分布する種類で、孵化した仔魚が海流にのって分布を広げることが知られています。そのため九州以北では黒潮の影響を受ける地域でしばしば見られるものの、死滅回遊的な側面もあるので、毎年確実に冬を越しているかどうかは定かではありません。ノボリハゼの色は灰色で、小さいことが特徴です。

ノボリハゼの代表的なレシピ

ノボリハゼの代表的なレシピを見ていくと、天ぷら、唐揚げ、吸い物、煮付けなどといったさまざまなレシピがあります。その中でも唐揚げで召し上がるとより一層美味しく食べれます。頭とはらわたをとり、うろこをとったらしっかりと水洗いをします。ノボリハゼに塩コショウをふりかけ、小麦粉をまぶします。180度に熱した油に入れ、きつね色になるまで揚げたら出来上がりです。

ノボリハゼのレシピを検索!又は のぼりはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ノボリハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺