スポンサーリンク

オイカワ(おいかわ)

スポンサーリンク

オイカワ(おいかわ)

"Oikawa1". Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

オイカワ(おいかわ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

オイカワの呼び名由来についてご存知ですか?

コイ目コイ科に分類される淡水魚の一種で、利根川水系と信濃川水系以西の本州各地や、四国、九州に自然分布しています。朝鮮半島、中国東部、台湾に分布しています。カワムツやウグイに並ぶ身近な川魚で、釣りの対象として人気があります。川で追い上げて捕るところから「追河」、水中でお互いに尾を追って闘うところから「追川」など、名前の由来には諸説あります。 「オイカワ」という名称は本来、婚姻色の出たオスを指す琵琶湖沿岸域での呼称でした。地域によっては婚姻色の現れたものをアカモト、アカムトなどと呼ぶようです。ハヤ、ハエ、ハイ、ハス、シラハエ、シラバエ、チンマ、ヤマベ、ジンケンなど各地に多くの方言呼称で呼ばれています。ウグイやカワムツなどと一括りにされて呼ばれることが多いようです。 オイカワの属名は「Zacco」と表し、これは日本語の「雑魚」に由来すると言われています。

オイカワの旬の時期

3月〜5月の春先が旬になります。

オイカワの栄養成分

タンパク質が良質で、ビタミンB12とビタミンDが特筆して成分が高いです。

オイカワの効能

アレルギーや血栓の発生を防いだり、脳の働きを保ち改善する作用があると言われています。肝機能や免疫機能を高める他、高血圧や動脈硬化の予防にも有用とされています。含有量の多いビタミンDには、カルシウムの吸収を補う働きがあると言われています。

オイカワの色、形の特徴

成魚になると体長は15センチほどで、オスの方が大きくなります。背中は灰青色で体側から腹側は銀白色、淡いピンクの横斑が数本入ります。三角形の大きな尻ビレは成体のオスの方がより大きくなります。上から見ると他の魚と混同してしまいますが、全てのヒレがより大きく広がって見え口が小さいところから区別が出来ます。川の上から見ると、背中には黄色の筋が見えます。

オイカワの美味しい食べ方

初春のものは塩焼きにすると美味しいです。癖がなく骨が柔らかいところが、川魚でも受け入れやすいようです。他にも煮付け、天ぷら、唐揚げなどで楽しめます。

オイカワのレシピを検索!又は おいかわのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / オイカワ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺