スポンサーリンク

サビハゼ(さびはぜ)

スポンサーリンク

 

サビハゼ(さびはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

サビハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

赤褐色の斑紋が錆のように見えることからこの名がついたようです。

サビハゼの旬の時期

旬は9月から11月となっています。

サビハゼの栄養成分

ハゼと同じ仲間であるサビハゼは成分としては変わりません。

DHA、EPA、ビタミンD、E、カルシウムがバランスよく含まれています。

アトピー性皮膚炎や、血栓防止に効果的とされています。

サビハゼの効能

DHAはアトピー性皮膚炎の緩和に効果が見られたり、老人性認知症を改善する役割を担っています。また、コレステロールの減少やがんの発生を抑制します。

EPAは血栓の形成を抑制したり、コレステロールの減少の効果があり、いずれもDHAより優れた成分となっています。

アレルギー症状やがん、高血圧、動脈硬化の予防に効果的です。

カルシウムはイライラを抑制し、精神の安定を図ったり、骨を丈夫にします。

ビタミンDはカルシウムの吸収を補い、ビタミンEは優れた抗酸化作用があります。
また、血行を良くし、冷え性や肩こりを緩和することができます。

サビハゼの形や色の特徴

体長約9cmの小魚で、黒や茶色の部分があり、ひれが丸くなっています。

サビハゼの代表的なレシピ

基本はサビハゼは食用としてあまり食べられませんが、天ぷらにすることができます。

しかし、小さい魚なので食べ応えもあまりないところが難点です。

サビハゼのレシピを検索!又は さびはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / サビハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺