スポンサーリンク

鮭(さけ)

スポンサーリンク

鮭(さけ)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

鮭(さけ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鮭の呼び名由来についてご存知ですか?

サケの名前の由来にはいくつか説があり、その中の一つが、「裂ける」が「サケ」になったというものです。 肉に筋があり、裂けやすいことからこのような説が浮かび上がりました。 「鮭」の「圭」は、三角形にとがった、形がいいという意味があります。

サケの旬の時期

旬の時期は秋とされていますが、その時期しか獲れないわけではありません。

9月から11月に獲れたものを「秋味」とし、5月から6月に獲れた季節外れのものを「時知らず」といいます。

サケの栄養成分

サケには消化、吸収のいいたんぱく質が豊富に含まれています。

脂肪分はEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が中心で美味しくて健康にもいいお魚です。

その他にもカルシウムや、ビタミンD、栄養素の代謝を促すビタミンE群、抗酸化の力で細胞を守るビタミンEに富んでいます。

サケの効能

サケは高血圧やボケ、動脈硬化、眼精疲労の緩和、老化、がんの予防に効果的といわれています。

EPAやDHAは、血中のコレステロールを抑えて、血液の流れを良くし、動脈硬化や血栓、高血圧を予防します。

また、DHAには脳を活性化させる効果があり、ボケ防止につながります。

栄養素の代謝を促すビタミンE群も豊富で、カルシウムの骨への吸収を進めます。

抗酸化の力で細胞を守るビタミンEは生活習慣病の予防にも効果的とされています。

サケの身の赤は天然色素であるカロテノイドの一種であるアスタキサンチンによるもので、この色素には有害な活性酸素を除去する働きがあります。

サケの形や色の特徴

白銀でヒレが小さいことが特徴です。

サケの代表的なレシピ

サケは塩焼きが一般的ですが、ムニエルにしてもおいしいです。

鮭のレシピを検索!又は さけのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺