スポンサーリンク

サクラマス(さくらます)

スポンサーリンク

サクラマス(さくらます)

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

サクラマス(さくらます)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

サクラマスの呼び名由来についてご存知ですか?

名前の由来は、サクラの咲く季節に漁獲される事からつけられたり成熟したサクラマスの体色に現れる桜色のの婚姻色からつけられ、サクラマスともいわれています。 そして、日本海でとれるホンマスは別名「サクラマス」とも言われています。

サクラマスの旬の時期

サクラマスの旬の時期は3月から5月にかけてが最も美味しい時期とされています。
この時期になると、見た目は勿論味も素晴らしいとされているため高級魚とされています。

サクラマスの栄養成分

主な栄養成分は良質なタンパク質が豊富でカロリーが低いという事です。
そのため、体の代謝などをよくする栄養素があり、人間には本来必要なエネルギー源となる栄養も含まれていて、脂肪分も多少はあるが他にもビタミンが入っているため
健康と美容にとてもいいとされています。

サクラマスの効能

良質なタンパク質なため、体の代謝を向上させたり免疫力を高める働きがあります。
他にも、ビタミンが含まれているため運動能力を上げたりビタミンEもあるためシミやシワ、肌へのがん予防とされているため、健康と美容にとてもいいとされている効能が多く含まれています。

サクラマスの色や形の特徴

サクラマスの全長は約35cmから70cmとされており、体重は3〜4キロとされています。
色は、灰色で尻尾や尾びれは黒くて体の1部に黒い斑点がついてます。
目はとても小さく、口は人の口と少し似ています。
サクラマスは、湖に注ぐ川で生きており成熟時のサクラますは一般的には小さいです。
また、サクラマスとヤマメは同じ種類の魚になります。

サクラマスの代表的なレシピ

サクラマスを他の矢指と共に一緒に醤油等で煮込むととても美味しく食べられ、北海道や冷たい水で育って取れるサクラマスは、刺身として食べられます。
他にも塩焼きやムニエルにして食べるとまた違った美味しさが楽しめます。

サクラマスのレシピを検索!又は さくらますのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / サクラマス / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺