スポンサーリンク

セスジボラ(せすじぼら)

スポンサーリンク

セスジボラ(せすじぼら)

"Liza ramada" by riblje-oko.hr - http://riblje-oko.hr/index.php?option=content&task=view&id=32. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

セスジボラ(せすじぼら)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

セスジボラの呼び名由来についてご存知ですか?

背筋が盛り上がり隆起線を形成しているため「背筋ボラ」という名前がつけられました。

セスジボラの旬の時期

セスジボラの旬の時期は、9月から2月になります。

セスジボラの栄養成分

主な栄養成分は、カリウム、ナトリウム、カルシウム、タンパク質、リン、ビタミンAが含まれており、その中でもカリウム、タンパク質、ナトリウムが豊富に含まれています。

セスジボラの効能

カリウムには、筋肉の動きを良くして血圧を下げる働きや、高血圧などの予防する作用がありますし、ナトリウムには神経機能を正常に保ったり細胞の機能を維持する効果等があります。

タンパク質には、筋肉や細胞などを作り出したり成形したりするのに必要な栄養素で
全身の体調を整えたり、神経系伝達物質などを正常に保つ効果があったりします。

リンには、カルシウムと共に働き筋肉や骨や歯を丈夫にしたりする働きがあったり、細胞などの成長に働き細胞の修復をする役割などをしてくれます。

ビタミンAには、肌の老化を防いだり風邪や外部からの感染症などを防ぐ高価や、体が細菌やウイルスからの抵抗力を強化したりする働きをしてくれます。

セスジボラの形や色の特徴

セスジボラの体は細長く円筒形で断面は楕円形で、背中はやや膨らんだ逆三角形であり
体長は約数十cmととても小さく、子息している環境や場所によって異なってきますが、最大で、12mになるセスジボラも生息します。

セスジボラの目は大きくて、種類にもよってきますが脂瞼と呼ばれるコンタクト状の構造に覆われている事が多い。

口の大きさは、中程度だが、歯はかなり小さくて中には歯を持たない場合もあり食性は雑食系で、水中のプランクトンや水底や岩場などについたでトリタスなどを食べて生息しています。

セスジボラの代表的なレシピ

新鮮でしたら刺身にして食べるととても美味しく頂けます。他にも、セスジボラで出汁をとり、そのまま、味噌汁や鍋物などに用いるととても美味しかったり
セスジボラのから揚げや、押し寿司や塩焼きやレモン焼きなどにして食べるととても美味しく、またセスジボラのムニエルなんかにするととても美味しいです。

セスジボラのレシピを検索!又は せすじぼらのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / セスジボラ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺