スポンサーリンク

スナヤツメ(すなやつめ)

スポンサーリンク

スナヤツメ(すなやつめ)

"Eastern-brook-lamprey L reissneri-01" by Loki austanfell - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

スナヤツメ(すなやつめ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

スナヤツメの呼び名由来についてご存知ですか?

スナヤツメはヤツメウナギ科に属し、環境省のレッドリストの「絶滅危惧2類」に指定されています。 成魚の体長は約20センチ。 砂に潜る性質で、目と七つのエラが並び、八つの目があるように見えることが名前の由来です。

スナヤツメの旬の時期

スナヤツメの旬の時期は、秋から冬で9月から12月の間です。

スナヤツメの栄養成分

・カリウム
・リン
・ビタミンA
・カルシウム
・ビタミンD
・ビタミンE
・鉄
・コラーゲン
・ビタミンB1
・EPA
・DHA

など、体に必要な栄養素が豊富に含まれています。
ウナギだけでなくヤツメウナギにもDHAやEPAは含まれています。

スナヤツメの効能

ビタミンAによって夜盲症、ドライアイ、眼精疲労の改善などがあげられます。

また、ほかのビタミン、ミネラル、DHA、EPAも豊富なので昔から滋養強壮や疲労回復に有効だと言われています。

カリウムには血圧を下げる作用があり、高血圧を予防します。

ビタミンB1は疲労回復の効果があり、ビタミンB2は細胞の再生と成長に関係し、ビタミンDはカルシウムの吸収を約20倍にして骨粗しょう症を防ぎます。

ビタミンEには老化防止と高い抗酸化作用があり、カルシウム、鉄はそれぞれ骨や歯、血液というからだの根本に関与します。

EPAやDHAはコレステロールを抑えて血流を良くします。

たんぱく質の一種であるコラーゲンは、細胞と細胞をつなぐ役割を果たしており、肌のハリはもちろん、血管を柔軟にし、ガンの予防にも効果があると考えられています。

スナヤツメの形や色の特徴

形は非常に細長く、灰色です。

スナヤツメの代表的なレシピ

スナヤツメの代表的なレシピは、蒲焼です。
蒲焼のほかには、からあげにして食べることもできます。

スナヤツメのレシピを検索!又は すなやつめのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / スナヤツメ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺