スポンサーリンク

ハス(はす)

スポンサーリンク

Hasu」。Wikipedia で発表。

ハス(はす)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ハスの呼び名由来についてご存知ですか?

魚偏に時と書いてハスと読み、コイ目・コイ科に分類される淡水魚の一種です。コイ科の魚類にしては珍しく、完全な魚食性の魚になります。 オイカワという魚と容姿が似ているところから、淀川流域ではオイカワを「ハス」、ハスを「ケタバス」と呼んでいます。またオイカワの別称である「ヤマベ」から、「オニヤマベ」とも呼ばれることがあります。 上向きに大きく裂けた口から、中国では「大口魚」などとも呼ばれています。他の魚食性の魚が待ち伏せしての狩りをするのに対して、小魚を積極的に追い回して捕食する習性があります。水中で早く動く様子から「早子(ハス)」と付けられました。

ハスの旬の時期

旬は5月下旬から初夏にかけてになります。

ハスの栄養成分

良質なタンパク質は糖尿病やアレルギー皮膚炎に効き、便秘や口内炎を防いでくれます。

ハスの効能

含まれるアミノ酸は二日酔いや脂肪肝の改善し、肝臓病の予防に効果があります。心筋梗塞や脳梗塞の予防にも期待できます。

栄養価が高く高エネルギーの食品なので、妊婦は母乳の出を良くして滋養強壮に力を発揮してくれることでしょう。

ハスの色、形の特徴

全長は30センチほどで、オスの方がメスより大きくなります。下顎が前に突き出ていて、上向きに大きく裂けた口が特徴です。への字に曲がった唇や背中側に寄った小さな目
など、独特の風貌で他の魚と容易に区別できる魚です。

ハスの美味しい食べ方

白身の身は癖がなく、小骨が気になるものの旨みが染み出る美味な魚です。塩焼きや天ぷら、唐揚げ、南蛮漬けなどで食べられます。生食も可能ですが鮮度が落ちてしまうと美味しくないので注意が必要です。

家庭で調理するなら小振りのものを、そのまま天ぷらやフライにすると手軽で美味しいでしょう。軽く煮ても美味しいです。中国などでは唐揚げかオイル焼きにすることが多いようです。

ハスのレシピを検索!又は はすのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ハス / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺